大人女子のためのWebメディア
検索

呼ばれてキュン♡男性の「女子から呼ばれたい呼び方」3選

呼ばれてキュン♡男の「女子から呼ばれたい呼び方」3選

女性からの呼び方ひとつで、男性がキュンとすることがあります。では男性は、女子からどのような呼ばれ方をするとキュンとするのでしょうか。呼び方を変えるポイントも合わせてチェックしていきましょう。

親しくなったら「さん」付けではなく「くん」付け

子どもの頃は、下の名前を「くん」付けで呼ばれていても、大人になると名字の呼び捨てか「さん」付けでしか呼ばれないという男性は多くいます。そこで男性と親しくなったら、下の名前を「くん」付けで呼んでみましょう。

呼び方を変えるだけで、2人の距離をぐっと縮めて、相手をドキッとさせられます。

大人になって「くん」付けされる機会が減っているなら、「くん」付けで呼ぶと新鮮味があって男性に喜ばれやすくなります。ほかに「くん」付けで呼ぶ人がいなければ、彼女だけの呼び方という特別感で男性側はうれしく感じるかもしれません。いきなり下の名前の「くん」付けが恥ずかしいなら、名字の「くん」付けから始めるという方法もあります。

呼び捨ては相手をドキッとさせる

恋人同士で付き合っている期間が長くなってきたら、呼び方を変えて2人の距離を縮めていくことも可能です。大人同士の付き合いだと、名前を「さん」付けで呼ぶ期間が長くなる傾向が見られます。

そこで2人の間の呼び方を変えることで、男性をドキッとさせて、マンネリ脱却や2人の関係を発展させるなどの効果が期待できます。名前の呼び方は、「さん」付けから「くん」付けとステップアップしていくことも可能ですが、一気に関係を発展させたいなら下の名前を呼び捨てしましょう。

名前を呼び捨てできる間柄は、恋人同士の特別感をお互いに感じやすくなります。

特別感が生まれるあだ名

男性の呼び方でドキッとさせるポイントのひとつが、特別感を演出することです。自分だけがこの呼ばれ方をしている状況は、男性をドキッとさせやすいのです。そこで名前でそのまま呼ぶのではなく、2人だけのあだ名で呼んでみましょう。

普段は名前で呼んでいても、2人きりの空間だけ特別なあだ名を使うことで、男性をドキッとさせる効果が高まります。

ただしあだ名は、女性がいいと思ったものでも、男性側が微妙だと感じている可能性もあります。あだ名を使いたいときは、相手が嫌がっていないか確かめてから使うようにしましょう。

呼び方ひとつで2人の関係が進展することも

男性は、女性からの呼ばれ方ひとつでドキッとすることがあります。2人の関係をさらに進展させたいなら、「くん」付けや呼び捨て、あだ名で呼ぶなどの方法で呼び方を変えてみましょう。

呼び方で相手をドキッとさせられれば、2人の関係が進展しお互いの心の距離が今までより近くなるかもしれません。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。