大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 生理の時は逢ってくれない彼・・・身体だけの関係?【ひとみしょ...
2021年09月20日更新

生理の時は逢ってくれない彼・・・身体だけの関係?【ひとみしょうのお悩み解決】

ひとみしょうのお悩み解決

“【お便り募集】文筆家ひとみしょう お悩み解決” に送っていただいたお便りの中から、お悩みをひとつピックアップしてひとみしょうさんがお答えします。

「ちょこ45歳女性」のお悩み

初めまして。
私は、1年3ヶ月程ダブル不倫している男性がいます。相手の男性は50代前半の方で、行き付けの居酒屋で知り合ったいわば常連客どうしです。
3年程前に、男性からずっとアプローチされていましたが、ずっと断り続けてました。
けど、男性が気になり始め私からお付き合いをして欲しいと告白し付き合い始めました。
相手の男性は、家庭に居場所がないと…癒しが欲しい。私も同じく男性の事が好きですが、癒しが欲しいということで付き合い始めたのですが…
付き合い始めた頃に、男性の気持ちを聞いた事がありました。そしたら…「アプローチしてた時は好きだったけど、今は好きとかそういうのじゃない」と言われました。
逢えば必ずエッチはします。私が生理中の時には逢いません。それが凄く気になり身体だけなの関係なのか聞いた事もありました。けど、「エッチ含め私と逢ってる時間が癒し」と言ってくれました。
逢う日にちは私に合わせてくれて、週一ペースで逢っていて毎回ホテルで5、6時間一緒に居ますが、男性の方からベッド以外でのキス、ハグは一切なしだし 好き と言う言葉も1度も言ってくれません。

私的には、やっぱり身体だけの関係なのかと思ってしまいます。
男性側の意見として、身体だけなの関係ならホテルに長時間は居座らないですか?
それと、逢う日も女性側に合わせたりしませんか?
少しでも好意を持っていてくれてるから、続いてるんですか?
男性の気持ちが知りたいです

〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜

身体だけの関係ではなくて、彼は本当にちょこさんのことが好きなんです。が、50代男性の不器用さゆえ、ちょこさんに「身体の関係だけなん?」と「誤解」されている、ということです。

50代男性の不器用さとは 

僕のまわりにいる50代男性も不器用ですよ。彼は彼女のことを愛しています。が、どうしても、いわゆるガサツな誘い方しかできないし、会えばかならずエッチするし、エッチすることから逆算して会う段取りをしています。

こういうのは、なんと言いましょうか、世代的な不器用さではないかと思います。

現在50代の人が15歳の頃といえば、35年前ですから、1986年、昭和の終わりです。その頃は、男女が一緒に帰っていたら石を投げられました。親がいい顔をしませんでした。ゆえに、ちょこさんの不倫相手は女子とどう接していいのかわからないまま大人になりました。

女子とどう接するといいのかがわからない男は、頭のなかでセックスが肥大化しています。セックス大好き!とかそういうことではなくて、セックスとはなにかとても特別なもの!という考えになってしまっているのです。

それもこれも、昭和という時代が異性交遊を忌み嫌っていたのが原因です。ふつうに「おはよう」とか「一緒に帰る?」とか「エッチしよ」と言えばいいものを、「不純な」異性交遊に蓋をし、鍵をかけた昭和の時代がよくないのです。

母のイデア 

ちょこさんの不倫相手は、ちょこさんのことが好きです。本当に嘘ではなくちょこさんといることを癒しと感じています。なぜなら、彼は「母のイデア」を絶えず追い求めているからです。

母のイデアというのは、マザコン的ななにか、ではなく、自分が理想とする母親像のことです。完璧な母親像のことです。

世の中に完璧な男や完璧な女がいないのと同様、完璧な母親というものも存在しません。でもしかし、「すべての」男は完璧な母親像を追求します。それは幻想だと知っていて追求します。大作家――たとえば、谷崎潤一郎や井上靖などが、晩年、母について長い長い小説やエッセイを書いていますが、あれは「母ちゃん大好き!」という気持ちの発露というより、自分にとって完璧な母親像と実際の母親との距離を長々と書いているのです。

おそらく書いた本人も、なぜ晩年になって母のことを自分が書いたのかいまいちわかっていないと思いますが、ようするに男って、なぜか、つい、ふと、「完璧な」母親像を思い浮かべてしまい、それを追求(追究)してしまうのです。

彼が思い描く母のイデア、すなわち、完璧に近い女性が、まさにちょこさんなのです。

だから、彼はちょこさんと一緒にいたら癒されるし、ホテルに長々といるのです。

究極の曲線美に溢れたハダカを惜しげもなく見せてくれ、やわらかくて温かいもので男のろくでもない棒を包み込んでくれ、性格は美しく、限りなく女神に近いちょこさんを、彼は本気で愛しています。

人ヲ見ル 

未練たらたら!?男性が忘れられないほどハマる女性の特徴

余談。先に50代男性の不器用さについてお話しましたが、これ、60代にも70代にも当てはまるように思います。僕は50代~70代まで、幅広い年齢の友だちがいますが、友だちを見ていてそう感じます。

彼らはセックス大好きですが、でもよく見ていると、好きというより、セックスというものを特別な行為と認識しているように見えるのです。ある種の女子は日常生活のちょっと先にあるものをセックスと捉えている節があります。あるいは、日常生活に溶け込んでいる行為と捉えている節があります。

それに対し、50~70代の男性は、セックスとは正座をして頭を下げるような行為と認識している節があります。

僕はそういうのを「まあ当然かもしれない」と思います。15歳前後に女子とどう接してきたかによってその人のセックス観は定まってしまいますが、50~70代の男性はビニ本(エロ本の旧称)を買うだけでもものすごく緊張していた時代を過ごしたのです。テレビで女優さんが肩をさらすだけの入浴シーンを、正座をし、生唾を飲みこみながら凝視していた世代なのです。

そういうとこ、ちょこさんが理解してあげると、ますます燃え盛るW不倫になるのではないでしょうか。

 

(ひとみしょう/作家・エッセイスト)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

ひとみしょうお便り募集

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?
恋愛、結婚、人間関係、人生など、女性の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!
たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 生理の時は逢ってくれない彼・・・身体だけの関係?【ひとみしょ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。