大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月22日更新

付き合っているのに…?彼氏が全然「弱音を吐いてくれない」3つの理由

付き合っているのに...?彼氏が全然「弱音を吐いてくれない」3つの理由

付き合ったら、彼氏と支え合っていきたいと願う人は多いですよね。弱いところも全部受け止めたいのに、男性が全てをさらけだしてくれないのはよくあること。そんな彼氏を見ると「信用されていないのかな?」と、悩んでしまいますよね。

彼氏の弱音も全て愛したいあなた、思い悩まず一緒に男性の心理を考えてみませんか?

頼られたいから

男性は頼られたい気持ちが強いので、彼女に弱音を吐かないことがあります。頼られる側になるからには、彼女に弱音を吐くわけにはいかないと思っているのでしょう。支え合うという発想より、自分が彼女を支えたいという気持ちが強いのです。

彼女の方から「たまには弱いところを見せてもいいよ」「悩みは相談して欲しいし、支え合う関係になりたいな」などと、こちらに受け止める気持ちがあるということを感じさせるといいでしょう。

弱音を吐くことは悪いことではないし、私も弱音を吐くよということをうまく伝えれば、自然と頼ってくれるように変わっていくかもしれません。

嫌われたくないから

彼女に嫌われたくないから、弱音を吐かない男性もいます。どちらかと言えば、弱音を吐けない状態と言っていいでしょう。

弱音を吐くと幻滅されるのではないか、弱音を吐く自分は求められていないのではないかといった考えが、根底にあります。

この場合も、彼女の方から弱音を吐いても大丈夫だということを伝えるといいでしょう。嫌われないことがわかれば、彼も少しずつ頼ってくれるようになるでしょう。少なくとも、嫌われないために無理することはなくなっていくはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。