大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 友情は恋になる?友達として「いい人」と「好きな人」の違い
2021年10月18日更新

友情は恋になる?友達として「いい人」と「好きな人」の違い

友情は恋になる?友達として「いい人」と「好きな人」の違い

好きな人と仲はいいけれど、あともう一歩足りないような…もどかしい気持ちになった経験はないですか?そこで友達として「いい人」と、「好きな人」との違いを解説します。これを知れば、友情を恋に変えられるかもしれません!

一緒にいて楽しいは、二通りの意味がある

恋人として大切なことの一つに、一緒にいて楽しいというものがあります。しかし注意しなければならないのは、一緒にいて楽しいのは「友達」としての可能性もあるということです。

例えば、好きな人から一緒にいて楽しいと言われたとしても、それが友達としてという意味かもしれません。これを勘違いしてしまうと、友達としてもいられなくなるかもしれません。そうすれば元も子もありません。

一緒にいて楽しいというだけで判断してしまうのは、絶対にやめましょう。あくまでも一緒にいて楽しいというのは、友達でも恋人でも大きな違いではないということを忘れないでください。

素の自分をさらけ出せるのが、好きな人

友達と好きな人の違いは、素の自分を出せるかどうかです。どれだけ仲のよい友達でも、少しは気を遣います。そこでは多少猫をかぶったり、顔色を伺ったりすることもあります。

しかし好きな人の前では、素の自分を出してしまいがちです。例えば、普段クールで素っ気ない人が甘えた感じになれば、それは友達ではなく、好きな人として見られていると考えてよいでしょう。

反対に他の人とあまり変わらなければ、友達として見られている可能性が高いでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 友情は恋になる?友達として「いい人」と「好きな人」の違い
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。