大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【尽くす=深い恋愛ではない?】「深い恋愛」と「重い恋愛」の見...
2021年10月13日更新

【尽くす=深い恋愛ではない?】「深い恋愛」と「重い恋愛」の見分け方

【尽くす=深い恋愛ではない?】「深い恋愛」と「重い恋愛」の見分け方画像

好きな相手に尽くすことが、深い恋愛だと勘違いしている方は少なくありません。尽くしすぎて、逆に重い恋愛になってしまう可能性もあるのです。

今回は「重い恋愛」と、「深い恋愛」の見分け方をご紹介します。

尽くすことで、相手を疲弊させてしまったら「重い恋愛」

好きな相手に喜んでもらいたい、好きな相手に好かれたいといった感情を持っている人は多いでしょう。しかしそれが相手にとって重く感じ、逆に疲れさせてしまう可能性があることをご存知でしょうか。

相手が望むことを叶えたいと先回りをして、相手の好みを把握しようと過剰に執着すると、おせっかいになることがあります。おせっかいも最初のうちは微笑ましく思うものですが、毎回となると逆に面倒な奴と認定されてしまいます。

 

さらに言えば、尽くされることが疲弊の原因になることもあるのです。自分のことを一番分かっているのは自分なのに、相手の方がよく分かっているとなると、多少の気持ち悪さを感じることもあるでしょう。自分がされて心地良い尽くし方であるか、今一度考えてみる必要があるでしょう。

無理なく付き合うことができれば「深い恋愛」

相手の顔色を伺い気遣いのし過ぎで、お互いにどこか疲れるようなことが増えたら、重い恋愛への入口です。お互いが相手に求めるばかりではなく、尊重し合える関係になっているのであれば、それは深い恋愛になります。

見極める方法の1つとして、お互いがお互いに気を遣いすぎていないか、一緒にいることで精神的な疲れを感じるかどうかをチェックしてみましょう。

「深い恋愛」にするためには…

深い恋愛に発展させる為に必要なことは、相手を喜ばせることよりも、相手をよく知り良いところも悪いところもしっかり受け止め合う関係性になることです。気に入ってもらおうとか、相手を試してみようなどと考える必要もなく、お互いが一緒にいることを心地良いと認識し合える関係性です。

相手のことをよく知ると自然と喜ぶことができるようになりますし、尽くしているといった意識なく過ごすことができるので、お互いへの負担はありません。

相手とのコミュニケーションを円滑に行い、相手に深入りしすぎないことも深い恋愛においては必要です。程よい距離感を確保し、お互いを思いやる恋愛を目指しましょう。

「重い恋愛」から「深い恋愛」へ!

好かれたいといった感情は、時に過剰になってしまうことがあります。相手への負担になってしまうと、二人の関係性に影響が出ることもありますので注意しましょう。相手への気遣いもほどほどにしておかないと、嫌悪感も持たれかねません。相手との距離感を大切に、踏み込みすぎないことが大切でしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【尽くす=深い恋愛ではない?】「深い恋愛」と「重い恋愛」の見...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。