大人女子のためのWebメディア
検索
2021年10月06日更新

それ、傷をえぐってます…!間違った「失恋」の立ち直り方法3つ

傷をえぐってます...!間違った「失恋」の立ち直り方法3つ

失恋してしまったときに、どうしようも出来なくて塞ぎ込んでしまうこともありますよね。早く立ち直ろうと思って、間違った方法を取っていませんか。ここでは、「間違った失恋の立ち直り方」を3つご紹介していきます。

無理に明るく振る舞う

彼氏と別れてしまったり、告白が失敗してしまったりすると、どうしても心が傷ついてしまいますよね?人によっては自己嫌悪に陥って、何をするにもやる気が起きなかったりすることもあるでしょう。

それなのに、責任感が強く、周りに心配をかけたくないという性格の方は、無理に明るく振る舞って出来るだけ早く立ち直ろうとしてしまうはずです。

しかし、無理にテンションを上げて立ち直ろうと思っても、心は追いついてきませんよ。まずは自分の心と向き合って、思い切り泣いたり、悲しんだりしていくことが大切になります。大丈夫です、辛いときは、無理して明るくする必要はありませんよ。

誰にも頼らず一人で解決しようとする

失恋してしまうと、心にぽっかり穴が開いたような気持ちになってしまいますよね?友達に話すのが恥ずかしい、自分で解決しなければいけないと思う場合、どうにかして一人で傷ついた心を立て直そうとしてしまうことでしょう。

しかし失恋の傷は、一人で癒すのは難しいのではないでしょうか。むしろ孤独を感じて、傷が深くなることも考えられます。もちろん、最初は傷つきすぎて誰かと会う気力がないかもしれませんが、少し元気になってきたら「誰かに話を聞いてもらいたい」と思うこともあるはずです。

 

そんな時は、友達や家族に頼って話を聞いてもらうことをおすすめします。大切な人と一緒にいる時間の中で、少しずついつもの自分に戻っていきましょう。

他の男性で寂しさを埋める

恋愛で傷ついたときに、誰からも見放されたのではないかという錯覚に陥ることはありませんか?そんな時、他の男性で自分の寂しさを埋めようとするのは、やめてくださいね。

自分のことを好きだと言ってくれる男性と会って、一緒の時間を過ごすのは危険です。本当にあなたのことを思って話を聞いてくれる人もいるかもしれませんが、下心を持って近づいてくる人もいるということを忘れてはいけません。

さらに自分を傷つけることになってしまうので、安易な考えはしないように気を付けてくださいね。

自分に合った方法を見つけよう!

失恋の傷は、何度経験しても痛いものです。自分を否定されたような、気持ちになってしまいますよね。

しかし、そんなことはありませんよ。失恋で傷ついてしまったら、思い切り泣いたり、友達に話を聞いてもらったりするなど、自分に合ったやり方で、少しずつ立ち直っていくようにしてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。