大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十九回目。
2021年10月22日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十九回目。

それでも恋がしたいんだ!/西山繭子

急に寒くなりましたね。衣替えをしたいのですが、ここ最近は週4日の会社勤務をしながらドラマと映画の撮影、そして原稿と目まぐるしい日々なので、いまだにリネン素材のシャツがクローゼットで揺れています。見ているだけで寒い。温暖化による影響なのかわかりませんが、ここ数年は春と秋が短くて、暑いか寒いかの二択のようになってきました。

 

「暑い、暑い」と顔をしかめていたのが、本当につい最近のことに感じます。その暑いさなか、この夏は『ハコヅメ』と『漂着者』に出演させていただきました。職場の若い女の子たちからは戸田恵梨香ちゃん、永野芽郁ちゃんとの共演を羨ましがられ、同級生のおばさんたちからは斎藤工さんとの共演を羨ましがられ、皆さんの人気の高さを改めて知ることになりました。

 

こちらとしては仕事なので平常心で現場に立っているのですが、まあやはりトップで活躍している人たちは、おかめちゃん納豆のバーコード集めに喜びを感じる私などとはまったく違います。戸田恵梨香ちゃん、永野芽郁ちゃんは、めちゃめちゃ美しくて素敵な女優さん。あの2人と並んでカメラにおさまりたくないとさえ思いました。

 

その2人が芝居についての相談をしている姿がこれまたかっこいいんだわ!まさにプロ!恵梨香ちゃんは事務所の後輩でもあるので、もう一生ついていきます!って感じです。

 

そして『漂着者』でご一緒した斎藤工さんは、もう皆さんおわかりの通り、とても素敵な俳優さんです。ブサイクでイヤな奴というのがごまんといる世の中で、格好良くて優しいというのはもはや意味不明。共演者、スタッフのみならずエキストラの方々への気遣いなど見ていると、もう己のことしか考えていない自分が恥ずかしくなりました。

 

実はその昔、斎藤さんのご両親がやっているデリの近所に住んでおりまして、何度か行ったことがあるんですね。テイクアウトで買った品を手に店を出る私に「ありがとうございます!」と笑顔で言ってくださるお二人を見て、素敵なご夫婦だなあといつも思っていました。斎藤工さんのご両親だと知ったのは、だいぶあとのことです。

 

今回初めて斎藤さんと共演して、あの笑顔あふれるご両親の愛情と美味しい料理で育ったのだから、そりゃ素敵な人になるよなあと妙に納得。その一方、斎藤さんのご両親のデリで買ったバナナタルトがあまりにも美味しくて、手作りだと嘘をついて好きな男の子に渡そうと画策した私って本当にどうしようもないなと思うのです。いや、もちろん実際は渡していませんよ。それはさすがに人としてどうなのよと考え直しました。でもね、その人としてどうなのよってことを思いつく時点でアウトだろうと。トップを走る人間は絶対にこんなセコいことを考えない。そしてバーコードも集めない。彼らとの違いを痛感した2021年夏なのでした。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百六十九回目。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。