大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月22日更新

脱☆絶望!「失恋」が早く忘れられる3つの方法

「失恋」が早く忘れられる!たった3つの方法とは

失恋をすると、苦しくて切なくて仕方のない時間が続きますよね。その気持ちに終わりが見えないため、ますます絶望のループに陥ってしまうこともあるでしょう。そこで今回は、そんなツラい失恋を早く忘れる方法を紹介していきます。

1. SNSを一時的にやめる

失恋してしまったときは、一時的にで良いので、すべてのSNSをやめてみましょう。特にTwitterやInstagram、facebookなどの投稿型SNSは見ないようにするのが、失恋からいち早く立ち直る方法です。

なぜならSNSは、失恋した相手の情報が思いもよらぬところから入ってきてしまうことがあるからです。失恋を忘れるには、相手を忘れることが一番の方法です。そのためにも、物理的に彼の情報は遮断しなければいけません。彼のいない生活に慣れることで、彼を好きな気持ちも薄れていくようになります。

 

また失恋で苦しいときは、他の人の投稿が妬ましく思えてくるという弊害も…。彼氏とデート中の投稿が目に入るだけでも、惨めな気持ちになってしまうこともあるでしょう。自分の気持ちが落ち着くまでは、全てのSNSを見ないことがおすすめです。

2. 相手や自分を責めない

失恋をしたときは、悲しみと同時に怒りも湧き上がってくるかもしれません。特に、付き合っていた彼氏に振られた、自分は本気だったのに遊ばれたというシチュエーションでの失恋は、「彼がすべて悪い…!」と、相手を責めてしまいます。

たしかに男性が悪いこともありますが、だからといって相手を恨む気持ちを持ち続けてしまうのは、それだけ失恋の苦しい気持ちを長引かせてしまいます。相手を責めている間は、彼のことを忘れることができないからです。

 

また、「私なんか誰も好きになってくれない」と自分を責めてしまうのも、失恋の傷を長引かせます。自分を責めてしまうと、前向きな行動ができなくなるため、次の恋が見つけにくくなります。そうなると、失恋した相手に固執してしまい、相手を忘れられなくなってしまうのです。失恋から早く立ち直るには、誰のことも責めないことです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。