大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月30日更新

イケメン大好き!「面食い」に後ろめたさはいらない?

私、イケメンが好き!「面食い」なことに罪悪感はいらない理由

「私、イケメンが好きです」と堂々としていても、密かに罪悪感に悩まされることってありますよね。人間を顔で判断するのって、やっぱり良くないかな…とか、自分のことを棚に上げて外見の良さを求めるなんて最低かも…なんてことを思ってしまうときもあるでしょう。でも、面食いだからって罪悪感を持つ必要はないのです。

面食いは「個性」のひとつ

面食いというと、外見でしか人を判断しない…なんてマイナスな印象を持たれてしまいがちですが、そんなことはありません。人間にあらゆる要素がある中で、顔の綺麗さにこだわりたくなる傾向があるのは、あくまでも1つの個性です。

食べ物においても、お寿司が好きな人もいれば、中華が好きな人もいる、ジャンクフードが一番好きだという人もいますよね。それと同じように、面食いであることはあなたのいち要素でしかないのです。

運命の人がイケメンなのかも!

顔や経済力、包容力などが高い人を求めるのは、決して悪いことではありません。相手に求めるレベルが高いからこそ、自分自身もそこに見合うような努力をしようと思えることだってあるでしょう。

また、もし結ばれるべき運命の男性がイケメンだった場合、面食いでなかったら、相手に反応できないかもしれませんよね。

いつか、「彼と出会うために、自分はずっと面食いだったんだ!」なんて、納得できる日が来るかもしれないのです。

どうか罪悪感を持たないで…

あなたが面食いであるのは1つの個性であり、男性に対する趣向であるともいえます。あまり罪悪感を持ちすぎる必要はないでしょう。

ただし、人の本質は外見だけではないということも決して忘れないようにしましょう!

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。