大人女子のためのWebメディア
検索

素直になれない…彼に負担をかけない《上手な甘え方》

甘え方がわからない…。彼氏に負担をかけない《上手な甘え方》って?

自分を律しながら過ごしてきた時間が長ければ長いほど、人には甘えることができなくなってしまうこともあるものです。とはいっても、やはり恋愛においては彼氏に甘えたいという気持ちもありますよね。そこで今回は、彼氏に負担をかけずにさらっと甘えられる方法を紹介していきます。

気持ちを伝えるのは言葉しかない

彼氏と一緒に行ってみたい場所があるのだとしたら、どんな風におねだりをしますか?「ねーねー、〇〇に行きたいんだけど!」「今度〇〇に行ってみたいなー!」と、はっきりと言えるのであればいいのですが、甘え下手になってしまうと、行ってみたい場所すらも「行きたい」と言えないことがあります。

 

なぜなら「彼はもしかしたら気が進まないかもしれない」と、相手の気持ちを思いやる気持ちがあるからです。しかし、甘え上手になるには、ここで自分の気持ちを躊躇してはいけません。反対に、「嫌なら嫌って言うだろう」ときちんと相手の気持ちを聞くことに気遣いの意識を向けましょう。

甘えられる喜びは、信頼関係を築く

あなたが逆に彼から何かお願いと称して甘えられたら、「できることなら、もちろん引き受けるよ!」という気持ちになるのではないでしょうか。それは彼も同じはずですよね。遠慮して我慢しているあなたに対して、逆に悲しい気持ちにさせてしまう可能性もあります。お願いをするという行為は、相手だったら叶えてくれるだろうといった信頼の証にもなるからです。

 

また一般的に男性は、好きな女性からのお願いであれば、喜んで受け入れたいと思うことも多いです。気持ちを伝えて甘えることは、二人の信頼関係を強くすることにもつながるのです。思いきって、彼に甘えたい言葉を口にしてみてくださいね!

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。