大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月12日更新

お手本にしたい!「愛され女子」が続けている3つの習慣

お手本にしたい!「愛され女子」が続けている3つの習慣画像

キラキラした愛され女子が近くにいると、つい嫉妬心が芽生えてしまうことってありますよね。しかし嫉妬心を抱いているだけでは、いつまでたっても愛され女子にはなれませんよ。そこで今回は愛され女子が続けている習慣を紹介します。

自分の本音と向き合う

「忙しい」を理由にして、自分の本音に気づいていないふりをしていませんか。もしくは自分の本音に気づいていたとしても、「何とかなるよね」と安易に考えていませんか。これらは、愛され女子になることが叶わない思考回路だといえます。

 

愛され女子はひとりの時間を大切にして、自分の本音と向き合うことを習慣にしています。

「こんなふうな女性になりたい」という願望をただ漠然と思い描くのではなく、「どうして自分はこんなふうな女性になりたいと思ったのか」という部分まで掘り下げているため、逆境に立たされたときもブレることがないのです。

本音と向き合って自分が本当にしたいことをしながら生きている女性は、魅力的に見えるのです。

相手に合わせることに重点を置く

愛され女子は「高嶺の花」になることへのこだわりが、あまりありません。高嶺の花のポジションを目指すと、高慢な態度になってしまったり、プライドが邪魔をして純粋さが損なわれてしまったりすることを知っているからです。

 

愛され女子は人を見下さずに、できるだけ相手に合わせることを習慣にしています。知っていることでも時には知らないふりをして、話の内容を人と共有し合うことに重点を置きます。相手に合わせることを習慣にしていれば、思わぬところで恋愛のチャンスが広がることもあるのです。

何でもできる優等生キャラは、近づきがたい印象を与えることがあります。バカのふりをして相手に合わせられる女性が、最終的には愛され女子のポジションを勝ち取っているのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。