大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月27日更新

好感度アップ!マネしたい【モテる女性の会話術】

男性からの好感度UP!マネしたい【モテる女性の会話術】

外見を重視しているように見える男性でも、実は女性を好きになったり意識するポイントは、会話だったりします。女性と会話をしていて「話していて面白い、楽しい」と感じることは、男性の恋心をくすぐるからです。ここでは、男性に好印象を与える会話術を紹介していきます。

1. 服装を褒めるときはイメージに言及する

「相手の服を褒めるときは、服そのものではなく相手のセンスを褒めよう!」なんてことがよく言われますが、この褒めテクニックはすでに多くの女性が使っています。

そのため「その服を着てる○○君は、すごくセンスがいいね」という直球な言葉を投げかけると、相手は魂胆が見え見えの褒め言葉を言われたような感覚になることもあります。

 

モテる女性というのは相手がどんなイメージで見られたがっているのかを理解して、そのイメージに合わせて服装を褒めるようにします。たとえばバリバリ働くイメージで見られたい男性に対しては「そのベージュのジャケット、いかにも仕事がデキる男って感じだね」という褒め方をするのです。

女性からファッションを褒められるときに理想のイメージに言及されると、男性は思わず恋心をくすぐられる傾向があります。

2. 理想のタイプを聞かれても具体的な数字を言わない

「○○ちゃんは、どんな男性がタイプなの?」と聞かれたときに、「う~ん、身長は175センチ以上で、年齢は3つくらい上がいいかな?」と、具体的な数字を出して答える女性がいます。

女性からしたら、わかりやすく伝えているつもりなのかもしれませんが、このような答え方をしていると好感度は下がってしまいます。その数字をクリアできていない男性は、対象外と言われているように感じてトーンダウンしてしまうこともあるでしょう。

 

モテる女性は、理想のタイプを聞かれたときは具体的な数字は出さずに、幅広く捉えることのできる答え方をします。たとえば「一緒にいて、たくさん笑える人」や「どんな状況でも、ちゃんと自分を持っていられる人」などです。「これなら俺も当てはまるんじゃないかな」といった可能性を感じさせることが、好印象につながっていくのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。