大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月26日更新

「友達の紹介」で出会うメリット・デメリット

「友達の紹介」で出会うメリット・デメリット

新しい出会いの方法として、友達の紹介で知り合う人も少なくないですよね。友達経由であれば、安心できるところもあるでしょう。ですが、友達の紹介だからこそメリットだけでなくデメリットも知っておくべきかもしれません。今回はそんな、『友達の紹介のメリット・デメリット』を解説していきます。

友達の紹介で出会うメリットは?

(1) 相手の情報がわかる

友達が紹介してくれた相手であれば、初めて会う人であっても、信頼できる情報源を持つことができます。何も情報がない相手と一から関係を築かなければならないわけではなく、ある程度前情報を持って知り合うことができるのは、大きなメリットです。

会ってから合う合わないはあるにしても、最初からそこまで相性の悪そうな相手を友達が紹介してくることもないでしょう。

(2) 恋愛に前向きな人が多い

友達の紹介で知り合うメリットとして、相手も自分に対して興味を持ってくれている可能性が高いという点も挙げられるでしょう。友達同士で紹介する際は、お互いの同意が必要になります。何も進展しなさそうな人であれば、初めから友人はすすめてこないでしょう。

 

このような点からも、恋愛について前向きな考えを持っている相手を紹介される可能性が高いことがわかります。前もって友達に、真剣に恋愛に臨みたいことを伝えておけば、その後の進展が望める相手と知り合うことができる可能性はもっと高くなるでしょう。

友達の紹介は、うまくいかなかったときが気まずい!

友達から紹介されることのデメリットは、相手とうまくいかなったときです。マッチングアプリや恋活イベントなどの出会いであれば、うまくいかなければお互いにフェードアウトして終了します。しかし、友達の紹介は「友達」という仲介がいるため、相手だけでなく友達にも気を使う必要が出てくるのです。

(1) 断るときが気まずい

友達から紹介された相手を断りたい場合、「せっかく紹介してもらったのに」といった罪悪感が生まれてきます。また、相手を傷つけないように断ることができないと、相手だけでなく紹介してくれた友達とも気まずくなってしまう可能性が。

また、何度も紹介された相手を断ってしまうようだと、友達からの信頼も失ってしまうことになるため、そう何度も紹介をお願いできないこともデメリットになるでしょう。

(2) 別れた後も気まずい 

人対人である以上、どうしても相性というものが出てきてしまいますよね。友達の紹介でいざ付き合いが始まったとしても、別れにつながってしまうことも多いです。

ただそんなとき、友達から紹介された相手だと、すんなり「さようなら」で縁を切ることはできません。元々は友達とつながっているため、何かしら彼の情報は入ってくることになります。

 

もちろん友達も気遣ってくれるでしょうが、永遠に元彼と縁が切れないのはデメリットでしょう。また、別れた相手のことを悪く言ってしまうと、友達の心象を悪くしてしまう恐れもあるので注意が必要です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。