大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月25日更新

実は限界かも…!「破局寸前」カップルの特徴

こんなサインが見えたら限界かも…実は「破局寸前」カップルの特徴

相思相愛に見えても、実は破局寸前…というカップルは珍しくありません。気づかないうちに関係が悪化していることもあるので、彼氏には注意する必要があります。破局を避けるためにも、危険な兆候についてはチェックしておきましょう。

1. 相手の言い分を無批判に受け入れる

どんなにわがままな言い分でも、相手が無批判に受け入れる状態は非常に危険です。

一見すると理解のある仲睦まじい関係ですが、実際は相手に対して何の期待もしていない、諦めの状態になっていると言えます。相手に何も感じない分、何を言われようと気にならなくなるのです。

 

また、そのような状態に陥った場合、その場ではどんな無茶な約束でも受け入れたような返事をしますが、実際にその約束を果たすことはありません。適当に話を聞き流して内容を確認しないので、その場限りの口約束になってしまうのです。

2. プライベートな事柄に関わらなくなる

恋人関係になると結婚を前提にした付き合いを考えるようになり、親族への挨拶などプライベートなことに関わろうとするのが自然な流れです。しかし、あるときを境にプライベートな事柄への関与を拒むようになったら、それは別れの兆候の可能性があります。

 

相手と別れたい、関わりたくないという気持ちが強くなり、親族との接触も避けようとするのです。恋人の自宅に寄り付かない、デートの約束も自分からは取り付けないなど、積極的な動きを見せなくなるのも特徴の一つです。自分から強く拒絶することはないので気が付きにくく、修復不可能な状態に陥りやすいと言えます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。