大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月23日更新

「なんか違う…」彼氏に違和感を抱いたときの対処法

「付き合ったけどなんか違う…」と思ったときの対処法

彼氏ができて幸せいっぱいだと思いきや、「付き合ったけどなんか違う…」と感じることもありますよね。今回はそんな、付き合いに違和感を持ったときの対処法を紹介していきます。彼との付き合いに悩んだときは、ぜひ試してみてくださいね。

1. 感じたことを文章にしてみる

「なんか違う…」と感じたとき、感覚だけでは判断がハッキリできないこともあります。なので、その違和感をとことん掘り下げてみることが大切です。

自分の感じていることを箇条書きでいいので書き出してみましょう。より具体的に言葉にしていけば、何が「違っていた」のかを確認することができます。

 

例えば、気配りができると思っていたけど無神経なところがある…とか、余裕のある人だと思っていたけどケチだった…といったことを頭に浮かんだままに書いていくのです。一通り書き終わった後は、自分の気持ちにも確信が持てたり、今後どうするべきかが見えてくることがあります。

2. 相手の良いところを探す

彼のことを「なんか違う…」と感じるのは、相手のギャップを悪い部分として受け取ってしまっていることがほとんどです。そこで、反対に相手の良い部分を探すようにしてみましょう。すぐに連絡を返してくれる、店員への態度が丁寧など、些細なことでも良いので、意識してみてください。

 

いいなと思える部分が増えていけば、次第に「なんか違う…」という部分が気にならなくなることもあります。それでも違和感が消えない場合は、あなたの中で譲れない条件に彼の何かが引っかかっているのかもしれません。良い部分を探す努力をしても違和感が残るようであれば、別れを考えることもひとつの方法でしょう。

 

付き合ってから「なんか違う…」と感じたときは、そのまま放置しないことが大切です。結果として二人の関係が壊れることもあるかもしれませんが、「なんか違う…」と感じたままで幸せになることは難しいでしょう。自分だけでなく、相手のことも考えるのであれば、「なんか違う…」と思った違和感と向き合う勇気を持ちましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。