大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月28日更新

内心げんなり…男性が嫌がる女性の話し方4選

内心「げんなり」しちゃってる…男性が嫌がる女性の話し方4選

女性らしい話し方は、男性へのアピールポイントとなることが多いですよね。しかし、良かれと思って使っていた話し方が、実は男性から嫌がられるケースもあるので、注意は必要かもしれません。今回はそんな、『男性が嫌がる話し方』について解説していきます。

1. 自分のことばかり話す

自分がどういった人間であるかを知ってもらうのは、大事なことですよね。特に相手が好きな人であれば、より知ってもらいたくなる気持ちも強くなもの。ただ、「私って甘い物苦手な人なの」「それわかるー!私のときなんてね…」など、自分の話題にばかり会話を持っていくようであれば、男性は内心うんざりしてしまうことがあるそうです。

 

「私ってこうなのよ!」と話したがる女性に対して、男性は「自己中だな」という印象さえ抱いてしまうことも。自分のことを話すときには、その後に「〇〇君はどうなの?」「どう思う?」と次は相手について尋ねるバランスが大事です。

また、相手の話題に共感するときは、共感の言葉だけに留めておくのが無難です。自分の例え話を出すときは、相手の話題が一段落ついてからにしましょう。

2. 上から目線になってる話し方

「はあー?何それ?マジでありえないんだけど」「だからダメなんだよー」などと、相手を頭から馬鹿にした話し方も、男性には嫌がられることが多いです。相手の意見や情報にたとえ呆れたとしても、上から目線に見える話し方は好ましくありません。

 

特に、「はあー?」と言う女性の言葉には、男性はマイナスに反応してしまうもの。「えー!そうなのー?」といった言い方に変えれば、インパクトは和らぐのでおすすめです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。