大人女子のためのWebメディア
検索

平均3ヶ月!【恋活アプリ】で彼氏ができる3ステップ

平均3ヶ月!【恋活アプリ】で彼氏ができる3ステップ

マッチングアプリを活用する人は増えていますが、なかなか思うようにはいかず、彼氏をつくるのを諦めてしまいがちになる人もいますよね。そこで今回は、マッチングアプリで彼氏ができる3ステップを紹介していきます。恋活アプリに登録したけど彼氏ができない…と悩んだときは、参考にしてみてくださいね!

ステップ1. まずはマッチング率を上げる

マッチングアプリで彼氏を作るには、マッチングをしなければ始まりませんよね。

マッチング率を上げていく近道は、「いいね」をもらうことですが、これにはいくつかのポイントがあります。まずは、写真にこだわりましょう。ほとんどのマッチングアプリは、写真を掲載しなくても利用できるようになっています。しかし、写真はしっかりと顔がわかるように載せた方がマッチングの確率は上がります。

また、マッチングしやすくなる写真は、容姿が抜群にいいよりも雰囲気が良さそうなことの方が大事になってきます。特に加工をしすぎると、実際に会ったときに写真と違いすぎてガッカリされる恐れもあるため、容姿が良すぎる写真の人気はそこまで高くないのです。

 

写真は、明るい場所で撮影した、自然な笑顔で写っているものを登録するがおすすめです。その他にも、自分の趣味や好きなものが伝わる写真にするとよりマッチング率は上がっていきます。趣味がわかる背景だと、メッセージを振りやすいため、きっかけになるからです。そのため、プロフィールを充実させることも「いいね」がもらいやすくなる方法でしょう。仕事の内容や趣味などについて、話のきっかけになるようなことをなるべくたくさん記載しておきましょう。ただ、自虐やネガティブな言葉はイメージを悪くしてしまうので、注意してくださいね。

ステップ2. メッセージのやりとりを工夫する

マッチング率が無事上がっていけば、次に大事になってくるのがメッセージです。

このメッセージのやりとりで、実際にデートができるかどうかが決まるので、言葉の選び方や頻度、返信速度などのテクニックは重要でしょう。大抵は、男性からメッセージを送ってきてくれることも多いですが、決まりはありません。

 

マッチングしてからの印象をより良くするためにも、自分から丁寧なメッセージを送ってみましょう。敬語であることはもちろん、1回の文章量は平均的に3行ほどにするのが理想です。特に男性はメッセージを苦手とする人が多いため、長文のメッセージには「付き合ったら面倒そう…」とイメージを下げてしまう恐れがあります。

 

常に文量は相手と同じくらいにし、返信しやすいようにひとつのメッセージに対してひとつだけ質問を挟んでいくのもポイントです。また、デートの誘いのきっかけになりやすいよう、食事や趣味の話題を積極的に出していくのもおすすめです。マッチングしてから2週間ほどをメッセージでのやりとりの目安にし、相手がデートに誘ってこない場合は自分から誘ってみるのもありですよ。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。