大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月02日更新

正直めんどう… 不倫女子がやりがちな3つの言動

もう勝手にしてよ!面倒くさすぎる“不倫女子”がやりがちな3つの言動

友達としてはいいけれど、恋愛になると途端にダメになる女子っていますよね。ましてや男性と不倫関係になると、気持ちに余裕がないからか攻撃的になりがち。彼の前ではしおらしい態度をとっているぶん、ストレスからより反動が大きくなるようです。

その結果、同性には自己中言動を連発し、周囲に迷惑をかけているよう。そこで今回は「面倒くさすぎる不倫女子」をご紹介します。

1. 延々と奥さんのグチを言い続ける

・「8つ上の男性と不倫している、A子。私と会うたびに『奥さんもこんな若い子と不倫しているなんて、気付いてないんだろうね~』『早く別れろよ』などと暴言を吐きまくる。最初はA子もツラいのだろうと思って聞いていたのですが、だんだん憐れになってきました」(33歳/福祉)

 

ストレスのはけ口として、友達を利用する不倫女子。とにかく「自分は悪くない!」と思っているため、奥さんの悪口が止まらないようです。被害者意識が強いので、周囲が苦笑いしていることにも気が付かないのでしょう。

2. SNSに匂わせ投稿をする

・「職場の先輩と不倫している友人は、頻繁に不倫相手との匂わせ投稿をします。奥さんが友人のSNSを見る可能性は低いでしょうが、それでもこっちがヒヤヒヤしますね」(30歳/印刷)

 

SNSは承認欲求を満たす、絶好のツール。交際を隠すことに耐え切れなくなった不倫女子が、匂わせ投稿をしがちです。見る人が見たらわかるからこそ、なぜか関係ない人が罪悪感を覚えることも。あまりに暴走した投稿が多いと、フォローを外したくなるでしょう。

3. 不倫のアリバイに利用してくる

もう勝手にしてよ!面倒くさすぎる“不倫女子”がやりがちな3つの言動

・「絶賛不倫中のYちゃんは、『何かあったら○○(私)を、アリバイに使わせてね!』と言ってきます。私が『イヤだよ』と断っても、『いいじゃんケチ~!』『私は○○の恋、応援してあげているのに!』などと意味のわからないことを言い出す始末。もう勝手にしてほしいです」(34歳/通信)

 

奥さんに不倫がバレたら、どう言い訳しようか考える不倫女子は多いでしょう。「友達の家に泊めてもらっていた」とごまかすために、あらかじめアリバイをお願いしているようです。とはいえ巻き込まれるほうは、たまったものじゃないですよね。

自分で責任が取れないのなら、最初から不倫なんてするべきではないでしょう。

 

恋の病は、恐ろしいもの。一度不倫にハマってしまうと、周囲なんてお構いなしになってしまうようです。そのため「不倫はやめたほうがいい」と促しても、聞き入れてもらいにくいもの。むしろ反対されるほどに燃える人もいるからこそ、少し距離を置いて様子見するのが一番かもしれませんね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。