大人女子のためのWebメディア
検索
2021年11月23日更新

言われてるかも…?男性が嫉妬した時つい出ちゃう一言

この言葉に注目♡《男性が嫉妬したとき》に言いがちなこと

男性は、わかりやすい言葉を言うことは少なくても、意外に「好きのサイン」を出していることがあります。特に、あなたに嫉妬しているような素振りを見せたら、それは確実に大好きのサイン!今回はそんな、男性が嫉妬をしたときに言いがちなことを紹介していきます。

1. 「それ自分で買ったの?」

あなたが、いつもと違った雰囲気のネックレスやブレスレット、ピアスをつけているのを見たとき、「それ、誰かにもらったもの?」と聞いてくる男性は、嫉妬していると見て確実でしょう。といっても、これはあからさまなタイプ。一般的には、ジャブを入れてくる感じで、「それって、自分で買ったの?」といった言い方になります。

「自分で買ったんじゃないとしたら、誰かにもらったものなんだろうけど…その相手って誰なの?」と言いたいのをグッと堪えて、「自分で買ったの?」という一言に、嫉妬心を集約させているのです。

2. 「俺もそれくらいは余裕だよ」

あなたが他の異性を褒めているとき、あなたのことを好きな男性は当然むしゃくしゃします。たとえば、「◯◯君って、インスターのフォロワーが1000人もいるんだって!すごいよね」と、言ったとしましょう。

このとき、もし彼にもフォロワーが900人位いたとしたら、確実に「別に、俺にもそれ位はいるけど」と、対抗意識を燃やしてくるでしょう。もし、あなたに全く興味がなかったら「へー、そうなんだ」ですませてしまうはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。