大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月02日更新

【恋の敗因】「猪突猛進」アピールに注意!

失敗の原因!?恋愛で「猪突猛進」になっている時の行動

恋愛に失敗しがちな時は、知らず知らずの内に行動が突っ走り気味になっている場合があります。猪突猛進なアプローチになっていないか、一緒に考えてみましょう。

1. 長文LINEを送る前に読み返していない

LINEのやりとりをしていれば、時にLINEが長文になっていることもありますよね。冷静な状態であれば一度読み返し、「長すぎかも」と文章を削ったり、内容が彼にとって重過ぎたり失礼な言い回しになっていたりしないかチェックできます。

 

しかし、恋している時はテンションが高くなっている状態なので、気持ちのまま「送っちゃえ!」と行動してしまうことがあるのです。その時の感情だけでメッセージを詰めこんだメッセージは、無用な失敗を引き起こすことにもなりかねません。特に恋愛関係において不安な時は、この行動を起こしがちなので注意しましょう。彼に不安な気持ちを伝えるLINEは、送る前に何回も読み直すことが大切です。

 

また関係性によっては、長文自体が敬遠されてしまうことも考えられます。それほど親しくない相手から長文メッセージが送られてくると、怖く感じてしまう男性もいるからです。基本的にLINEのメッセージはコンパクトになるように、できるだけ意識していきましょう。

2. アポなしで電話する

彼氏や好きな人の声が聞きたいと思うのは、自然な感情です。しかし、その気持ちのままアポなしで電話してしまうのは、恋愛においては失敗につながる可能性があるので注意しておきましょう。たとえ彼氏であっても、一言「今、電話できないかな?」とLINEがあるのとないのとでは、印象が大きく違います。

 

また、まだ交際にまで発展していない時に、いきなり電話が掛かってくると驚く人もいますし、身構えさせてしまいます。グイグイこられることに苦手意識を持つ男性もいるため、アポなしで電話する行動はNGであることも多いのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。