大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月03日更新

見逃さないで!わかりやすい彼の嫉妬サイン5つ

【ヤキモチ対策】すぐ気付ける!彼の嫉妬サイン5つ

恋愛には駆け引きが必須!でもあまりに心配させ、不快にさせてしまうのはNGですよね。ちょっとくらいのヤキモチなら焼かせたい…という方、必見。

今回は、彼がヤキモチを焼いたときにみせる嫉妬のサインを5つ紹介します。すぐに気づいて対処し、彼を掌の上で操って、夢中にさせてみてはいかがでしょうか?リアルな男子の声も一緒に、早速確認していきましょう!

1.スイーツなどを買ってくる

彼女に媚びるかのように、甘いものを買って帰るという男性がこちら!

 

「明らかな、ご機嫌とりですよ。それでもいいから、ちょっと俺のこと構ってほしいというか…。なにかしらの焦りを感じたときはつい、スイーツを買って一緒に食べよう!ってしちゃいます」(20代男性・会社員)

 

彼女に優しくすることによって、より自分を見てもらうおう…という作戦ですね。彼が突然、記念日でもないのにスイーツを買ってくれた日は、なにかしらのヤキモチを焼いているのかも!?

2.スキンシップを求めてくる

ヤキモチを焼くと、肌に触れたくなるという男性も多いようです。

 

「外の男の影を感じたら、やっぱりスキンシップでしょう。別にエッチというわけではなくて、むしろハグしたりキスしたりしたくなります。触れていると安心するというか、どこにも行くなよって気持ちで抱きしめます」(20代男性・大学院生)

 

触れられるのは自分だけ…という安心感も得られ、一石二鳥といったところでしょうか。普段あまりムギュムギュしないような彼が触れてきたら、ヤキモチを焼いていること間違いなし!

3.突然会いたがる

急に彼から、会いたいと言われたことはありますか?あまりわがままを言わないような彼が、何の前振れもなしに、急に熱心に会いたがってきたとしたら…それはヤキモチで間違いなし!

 

「不安になったら、会いたいって急でもLINEしますね。仕事終わりに、急に電話しちゃいます。他の男の話をされて、その話題が増えてきたと感じたら、結構な頻度で会いたがっています」(20代男性・営業職)

 

男友達の話をした矢先に会いたがってきた場合は、ヤキモチを焼いていると思って彼に優しくしてあげましょう!

4.会話に出てきた男性を、悪く言う

かえって自分の器の小ささが露呈してしまいそうですが、ついつい口から出るのは悪口という男性がこちら。

 

「大人げないとわかっていても、彼女の口から男の話がでてきたら、あまりいい風に言わないですね。悪口とまではいかない程度に、悪く言っちゃいます」(30代男性・現場作業員)

 

本心で悪く言っているのではなく、あくまでも「俺だけを見てほしい」「より俺のことを大事にしてほしい」というサインだと心得て!

5.急にダンマリになる

女性としても一番扱いに困ってしまうのが、急にダンマリされることなのではないでしょうか。

 

「下手にしゃべると墓穴を掘るので、ダンマリをきめこみます。無言が一番の圧力というか。きっと女性側にも伝わると思うので…」(30代男性・飲食店勤務)

 

こちら側に気を遣わせるような対応をされると、ただのヤキモチ焼きというより、迷惑に感じてしまいますね。彼のことが好きなのであれば、無言になったイコール優しくしてあげよう…と考えてあげて。大人げない部分を直してほしいのであれば、他の態度や言葉で伝えるように促してみてくださいね。

 

彼との関係を良好に保つためには、時にスパイスになる嫉妬心。しかし度が過ぎると逆効果ですので、あまりに彼を不安にさせるのは避け、適度にヤキモチを焼かせましょう。その後のケアもして、彼のハートを掴み続けましょう!

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。