大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月19日更新

破局まっしぐら…?関係が壊れる交際中のNGワード

もう終わりかも...!「関係が壊れる」交際中のNGワード3選

大好きだった彼と、段々トキメキがなくなり、すれ違いが増えているとい感じている方はいませんか?それってただのマンネリじゃないかな…と思いつつも、実は「NGワード」を言ってしまっている可能性があります!

彼の機嫌を、知らず知らずのうちに損ねてしまっているかもしれません。ここではそんな危険なNGワードを3つ、確認しておきましょう。

「いや」「でも」「だって」の否定的な言葉

2人の会話は、交際においてとても大事な要素。会話によって楽しい時間が過ごせて、お互いを知ることや痛みを分かち合うこともできます。そんな会話をいつも否定されていたら、どうでしょうか。

 

「どんな話も共感をするのではなく、いや…みたいな否定的な話で来られると、萎える。はじめの頃は気にしてなかったけど、段々と気になって。一度気になったら意識して聞くようになり、自分中心の子だなって思ったら付き合っていくのがしんどくなってしまった」(20代男性・財団法人勤務)

 

別に否定したいわけではないのに、口癖になっている人も案外多いでしょう。こういった否定的な言葉をよく言っていないか、確認しておきましょう!

希望を聞かれて「そっちに合わせるよ」

彼色に染めてほしい…と思って、つい相手のいいようにしてもらいたいと接していませんか?

 

「デートの行先も食べる物も、そっちに合わせるよって言ってくる。付き合う前は、デートプラン練ってほしいのかな…と思って気にしてなかったけど、段々そればっかりでうんざり。自分の希望は何もないのか、どうでもいいのか…って思ったら、つまらなくなった」(20代男性・IT系)

 

優しさで彼の好きなようにと思って、「なんでもいいよ」「合わせるよ」ばかり言っているのは危険です!彼としては、任せられっぱなしで疲れてしまうのと、どうでもいいのかな…と無関心を疑ってしまうのです。希望を適度に伝えながら、今回はお任せデートがいい♡というように、メリハリをつけるようにしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。