大人女子のためのWebメディア
検索

初デートで好印象♡彼の心を掴む愛され仕草

この仕草が心を掴む!初デートで好印象を残す恋愛テクニック

デートのときに実践する恋愛テクニックは、デートの回数に応じて使い分けをしなければなりません。では最初のデートでは、どのような恋愛テクニックを駆使すればいいのでしょうか?初デートで、好印象を残すテクニックを紹介します!

物を取るときは、男性から遠い方の手を使う

映画館でのポップコーンや、カウンター席での調味料など、並んで座っていると2人の間に物が置かれることがありますよね?

それを取るときにあえて遠い方の手を使うことが、好印象につながります。2人の体の距離が、自然と近くなるからです。

たとえ「物を取る」という理由があっても、女性の方から体を近づけてくれると、男性は思わず心を掴まれてしまいます。また物を取ろうとして女性が体を傾けたときの胸元にも、男性はかなりドキッとさせられます。

歩いているときに、男性の服を軽くつまむ

「並んで座っていて、立つときに男性の肩に手をのせる」や「照れて赤くなっている男性の頬を、指でツンツンする」などの仕草は良いアピールになりますが、初デートでやってしまうと、あざとい印象を持たれてしまうことがあります。

そこで効果的なのは、歩いているときに男性の服を軽くつまむことです。人混みではぐれそうになったときにつまんでも構いませんし、騒がしい場所で話しかけるときに「ねぇねぇ」の意味を込めてつまんでもかまいません。

あざとい系のボディタッチではなく、控え目に服をつまむ仕草が、初デートでは好印象を残すのです。

バイバイをして少し歩き、振り返ってもう一度バイバイをする

デート中にあまりアピールができなかったとしても、帰り際にも好印象を残すチャンスはありますよ。男性は初デートが終わった瞬間は、すぐにその場を離れずに、女性の姿をしばらく見守る傾向があります。

そこで「バイバイ」を言って少し歩いてから、クルッと振り返ってもう一度バイバイをすることが、効果を発揮するのです。2回目のバイバイは言葉にしなくても、顔の近くで小さく手を振って、口パクで「バイバイ」という仕草をしても構いません。

帰り際の女性からドラマのワンシーンのような行動に、男性は一気に心を掴まれて、またすぐに会いたくなるのです。一度バイバイをしたのに、もう一度目を見てバイバイをする無邪気さが、相手に好印象を残します。

初デートでは、わざとらしく隙を見せることも大事!

好印象を残す恋愛テクを使い、男性の心を掴めたとしても、それだけで満足してはいけません。初デートでは適度に隙を見せて、2回目のデートに誘ってもらう雰囲気を醸し出すことが重要なのです!

「来週末、急に予定が空いてヒマなんだよね…」などと言って、次のデートにつなげる隙を見せるようにしましょうね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。