大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月28日更新

片思いの彼に「あけおめLINE」を送るときの注意点

片思いの彼に「あけおめLINE」を送るときの注意点3つ

お正月は普段あまり連絡を取らない人と、「あけましておめでとう」のやりとりで一気に距離を縮められるチャンスです。ただ、LINEの送り方によっては関係を近づけるチャンスを逃してしまうこともあるので注意が必要です。

そこで今回は、片思いをしている彼に送る「あけおめLINE」の注意点をいくつか解説していきます。LINEを送れるこの機会を活かして、しっかり彼にアピールしてみてくださいね!

1. 時間帯に注意

新年の「あけましておめでとう」のメッセージは、年が明けてすぐに送りたいものですよね。しかし、場合によっては家族との団らんや、友達との集まりに水を差してしまう恐れがあります。

また、基本的に多くの人が起きている時間ですが、彼が寝ている可能性もゼロではありません。0時直後や過ぎてからの連絡は、かえって迷惑になってしまうこともあるのです。

彼とまだ距離がある場合は、スルーされてしまう確率も高くなってしまうでしょう。あけおめLINEをアピールに活かすのであれば、できるだけ元旦が過ぎてから日中に送るのがベストです。

2. 長文にしない

好きな彼とのやりとりのチャンスだと思うと、つい色々と思いを伝えたくなってしまうかもしれません。しかし、最初のきっかけとして送るあけおめLINEは、シンプルにまとめましょう。

質問は一つ入れる程度で、自分の近況のことはまだ明かさないようにするのがコツです。彼の返信がきてから「私はね…」と話を進展させる雰囲気を作れば、ラリーを続けることができるはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。