大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性はいつから恋愛対象として意識するのか?【ひとみしょうの男...
2021年12月06日更新

男性はいつから恋愛対象として意識するのか?【ひとみしょうの男ってじつは】

男性は、出会った最初から「この人いいな」と意識します。と、冒頭に答えを書いてしまうと、あとに書くことがなにもなくなるわけですが、でも最初なんです。いくつかの例外があるにせよ、最初なんです。

最初に「ビビッ」とくる

これ、女子も同じだとおもうんですが、最初に「ビビッ」とくる、というのが恋です。なぜ、も、どうして、もなく、恋ってそういうものなのです。

たとえば、誰もが緊張している入社式のときに、ある女子を見てビビッときた男子、というのは、まあまあいます。その子と同じ部署に配属されたら超ラッキーです。ちがう部署に配属されると、同期会みたいな集まりでその子のことを探しまくります。

ビビッとくるというのは、なにも「恋愛上級者」だけではありません。初級者だってビビッときます。ネットではいろんなことが言われていますが、でも初心者、中級者、上級者問わず、私たちはある人との出会いによって瞬間的に刺激を得、その刺激をたよりに言葉を交わし、恋がはじまる、という流れをたどります。

最初にビビッとこないケース

ただし例外があり、最初にビビッとこないこともあります。

この場合、彼は最初は恋愛モードではなかったということです。

たとえば、入社式でビビッとこない男子というのは、気持ちが仕事モードになっていたのでしょう。あるいは、新入社員代表として挨拶するのにすごく緊張していて、それどころではなかった、とか。

いずれにせよ、それどころではない、という時って、男女問わずあるでしょうから、おおむね想像できるでしょう。

最初ビビッとこなかった彼もやがて、仕事に慣れた頃、ある女子を見てビビッときます。恋に落ちた瞬間です。

ポイントは「仕事に慣れた頃」です。自分が置かれている環境の空気に馴染んだころ、ということです。

男子は、というか、不器用な女子もそうかもしれませんが、自分が置かれている環境の空気に馴染まないと恋愛センサーが動かないんです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性はいつから恋愛対象として意識するのか?【ひとみしょうの男...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。