大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月11日更新

原因はそれかも…《別れを早める》カップルのルール

それ、破局の原因です。《別れを早める》カップルのルール

彼氏ができても長続きしない…そんな悩みを抱える女性は多いですよね。もしかするとその原因は、カップル間にあるルールが別れを早めてしまっているのかもしれません。

今回はそんな、『別れを早めるカップルのルール』を解説します。

1. 連絡の頻度や返信速度にルールがある

男女関係では、付き合いが長くなるにつれて、徐々に2人だけのオリジナルなルールが増えていくものです。好きになった恋人同士である以上、お互いの愛情の証でもあるため、ルールも決して悪くはありません。しかしルールも限度を超えれば、お互いを苦しめることになります。

 

例えば連絡の頻度やレスポンスの速さのルールも、その1つでしょう。LINEは毎日朝晩には必ず送ること、LINEの返信はその日のうち!などが典型的ですよね。ただ、こういった連絡に関する義務化のルールは、付き合いが進むにつれて相手を面倒に思うきっかけになります。連絡が疎かになれば、その気持ちは加速していくでしょう。連絡に関するルールは常識的な範囲で留め、カップルとして特別なルールは避けておくのがベターかもしれません。

2. 一般的な記念日のルールを尊重する

出会った日や相手の誕生日など、年間を通じて様々な記念日を設定しているカップルは珍しくありません。お互いの特別な日を祝福し合う行動は、恋愛感情を高めます。

恋人同士の絆も強めるため、大事なことでしょう。しかし、その記念日にもルールができてしまうと、結果的に別れを早めることがあります。

 

例えば、誕生日や記念日にはアクセサリーやペアリングを送り合う、ディナーコースを予約する、1日中一緒にいるなどの行動は、世間一般的にイベント時のカップルがすることでしょう。しかし、必ずそうでなくてはいけないことはありません。一般から外れた行動をとれば愛情はない…と判断してしまうと、記念日やイベントは億劫に感じるようになります。

 

また、1年を通して記念日が多すぎると、より面倒な気持ちは大きくなってしまうでしょう。記念日をお祝いするなら、お互いの都合や気持ちを尊重して、無理のない範囲で一緒にいることが大切になってきます。

3. お金に関するルールが対等じゃない

お金に関するルールも、早くに別れてしまうカップルには目立った特徴があります。

特に「デート代は男性が持つ」といったカップルは要注意でしょう。やがて男性側に不満が溜まったり、女性側が負い目を感じて他のことで我慢をしいられたりするようになるため、別れのきっかけが早くにやってくる可能性があります。

 

カップル間でお金に関するルールを定めるのであれば、対等になるようにすることです。デート代は割り勘にする、もしくはデート代として毎月一定額を共同で貯金して、その範囲内でデートをするようにしておくのも、破局の回避に役立つでしょう。

 

長続きしないカップルには、それなりの理由があるものです。その中には、恋愛を楽しめない一方的なルールによって、別れを早めてしまうケースも見られます。今回紹介したケースを参考にしながら、次の恋愛に役立ててみてくださいね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。