大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月07日更新

断られにくい!デートに誘う3つの口実

【断られにくい】3つの口実を使ってデートに誘おう

気になるあの人とデートができたらいいなぁ・・と考えている時というのは、不安と期待が入り混じった複雑な感情ではありませんか。

デートしたいけど、断られたくない!そんなジレンマに悩んでいるのなら、断られにくいデートの誘い方をしたらいいのです。

ここでは、3つの口実を使った断られにくいデートの誘い方をご紹介していきます。

デートに誘う前にまず準備しておくこと

男性は、女性からの誘いには非常に喜んでくれるものなのですが、さほど仲もよくない女性からの誘いには驚いてしまいます。驚くということは、喜ぶという感情以前の話しとなりますので、せっかく勇気を出して誘ったにもかかわらず、失敗する可能性が高くなってしまうのです。

ですので、デートに誘いたい男性がいたら、まずは相手の懐に入っておくことがおすすめ。

顔なじみであれば、よく話しかけて親しくなっておくことが先決です。

変な小細工不要!ストレートに行きたいところに誘う

ある程度会話を楽しめる仲になっていれば、あなたからデートに誘われても嫌な気持ちにはならないはず。変に小細工をした誘い方をするよりも、「一緒に行ってみたいところがあるの」とストレートに誘う方が好印象!

そういう女性こそが可愛らしく思えますし、男性としては心がくすぐられるような思いになるのです。

相談に乗って欲しいことがある、と誘う

男性は、誰かに頼りにされることに非常に嬉しく思う傾向があります。こういった面はやはり男としてのプライドなのかもしれませんが、女性から「相談に乗って欲しい」または「アドバイスして欲しいことがある」と誘われると、OKを出さずにはいられません。

例文ですが、「新しいパソコンが欲しいんだけど、どういうのがいいのかわからないから、〇〇君詳しそうだからご飯食べながらでも教えて欲しいな」というような誘い方がおすすめ。

もしくは、「一緒に見に行って欲しい」という誘い方でもいいでしょう。

お礼にランチをごちそうします!と誘う

いつも仲良くしてくれてるお礼に、とかいつも仕事を教えてくれるお礼、お世話をかけているお礼など、あらゆる「お礼」がありますので、あなたと相手の関係性をよく考えて使ってみるといいでしょう。

割とオールマイティに使える誘い文句なので、誘われる男性としても嫌な気持ちにはならないはずです。

 

デートに誘う時はドキドキするものですが、勇気を出す以上は失敗しないように準備万端にすすめましょう。

くれぐれも強引な誘い方をしないように心がけて、少しはにかむ程度の笑顔があるくらいがいいでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。