大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月10日更新

ゴールイン間近♡結婚を意識した男性がとる態度

結婚を意識した男性が彼女にとる態度

(1) お金に対してシビアになる 

具体的に結婚を考え始めた男性は、経済的なことに意識を強く持つようになります。男性にとって結婚は、今後の出費をより実感させる出来事です。結婚後の生活費や住居費用、子供ができたらその養育費…とリアルな数字が頭に浮かぶため、その不安からお金に対してシビアな考えになる人は多いです。

今まで趣味やデートに散財していた男性も、結婚を意識し始めた途端、お財布の紐が堅くなることがあるみたいですね。彼女のお給料や貯金額を確認したり、結婚した後の彼女の仕事について具体的に話を聞いてきたりすることもあるみたいです。

お金の話をやけに具体的にするな…と感じたときは、もしかすると彼氏からのプロポーズが近いサインかもしれません。

(2) 自分の親に会せて反応を見る 

男性が結婚を意識すると、自分の両親に合わせて相性チェックをする人も多いようです。特に、母親と彼女の相性を重要視する男性は多いようです。

自分の両親と会食してほしいと言われたり、普段彼氏の家族と親しいという人でも家族ぐるみで出かけたりと、彼氏の家族との接点が増えて行くようです。

彼氏の家族と会う機会が増えてきた場合は、プロポーズや結婚は間近なのかもしれません。

(3) 未来予想図について二人でよく話す 

プロポーズをされた女性は口をそろえて、「結婚前は彼氏から将来についての話題が頻繁に出た」と言います。男性は結婚を考えると、失敗のない未来を進もうと試行錯誤を始めます。将来のパートナーとなる彼女と一緒に未来を考えたいと、これからのことについて相談することが増えるみたいです。

「子供は欲しい?」「家は買いたい?賃貸でいい?」「将来的に、親との同居はどう思う?」などと具体的な話が出てきます。結婚後に関する生活面での話が出てくるので、鈍感な女性でも「プロポーズが近いのかも」と気がつくはずです。

(4) 同棲したいと言い始める 

男性が「彼女と結婚したい」と考え始めると、次は「一緒に住んでみたい」と思うようです。そのため、彼女に同棲を持ちかけることも多いと言われます。しかし、ここで同棲をすんなり受け入れてしまうのは、逆に結婚を遠のかせてしまう可能性があるので注意が必要です。

男性はひとつ屋根の下で生活をすると、まるで結婚しているかのように錯覚して、「籍をいれなくてもいいじゃん」と結婚への意識が下がってしまうことがあるからです。彼氏と同棲するときは、必ず期限を決めましょう。
「2年一緒に住んで結婚しないなら、その時は別れるよ」などと強い態度に出て、彼氏に覚悟を持たせることも大切でしょう。

 

今回紹介したような態度が見られる場合、「そろそろ結婚かも…」と彼氏が意識し始めていると考えていいかもしれません。彼氏が真面目に将来の話をしてきたときは、こちらも具体的な提案をしてあげましょう。結婚へのプラスのイメージを上手に伝えることができれば、彼氏の結婚への意欲は向上し、プロポーズはより近づくはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。