大人女子のためのWebメディア
検索
2021年12月10日更新

気付いてた?男性が密かに見せてる愛情表現3つ

気付いてた?男性が密かに見せてる愛情表現3つ

奥手な男性は、好きになった女性に積極的なアプローチはしないものの、実は本気度がMAXになっていることがあります。女性としては、その気持ちに気づきづらいですよね。そこで今回は、男性が《密かに見せている》愛情表現について解説します。

カッコ悪いエピソードを話す

男性というのは女性のことを好きになりたての時期は、「いかにカッコよく思わせるか?」や「自分のことをいかにカッコよく見せるか?」といったことばかりを考えています。

しかし、本気度がMAXになると、逆にカッコ悪い一面も見せてくるようになるのです。たとえば「久しぶりに料理をしたら、塩と砂糖を間違えて鍋に入れちゃった」や、「パンツ一丁で部屋にいたらいきなり宅配便が届いて、慌ててズボンをはこうとしたら転んじゃった」といった失敗エピソードを話してきます。

 

親しくなったあとで、おっちょこちょいな一面がバレて、本気になった女性から失望されるのがイヤなので、自分から自虐ネタを話すのです。

奥手な男性がカッコ悪いエピソードを話してきたら、それは「こんな一面も含めて俺のことを好きになってほしい」という密かな愛情表現をしていると思ってください。

「ありがとう」と言う前に「いつも」をつける

「連休中に旅行に行ったので、ちょっとしたお土産をあげた」や、「筆記用具を探していたので、素早くペンを渡した」など、仕事をしていると男性から「ありがとう」を言われる場面が何かとありますよね。

このような状況で本気度がMAXになっている男性は、あえて「いつも、ありがとう」という言葉を使うことがあります。

「ありがとう」の前に「いつも」をつけることで、「今回のことだけでなく、これまでしてくれたことも俺はちゃんと覚えていますよ」とアピールしているのです。

 

「いつも」をつけて過去のぶんも含めて好きな女性に感謝の気持ちを伝えるのは、男性なりの密かな愛情表現だといえます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。