大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • どの指につける?ペアリングの位置で変わる【指輪の意味】
2021年12月15日更新

どの指につける?ペアリングの位置で変わる【指輪の意味】

ペアリングはどの指につける...?位置で変わる【指輪の意味】とは

ペアリングは、どの指につけるかによって意味が違ってきます。左手の薬指につけると思っている人が多いですが、ペアリングは他の指につけても大丈夫なんです!それぞれの、指によっての意味を紹介していきます。

小指

右手の小指に指輪をつけると、秘めた魅力を引き出すという意味があります。相手への思いやりが、深まるといわれています。

左手の小指につける場合は、ラッキーチャンスを引き寄せるという意味があり、シングルの場合は恋愛のチャンスを引き寄せるということになりますが、ペアリングなら、ふたりの絆を深めるという意味になります。

薬指

古代エジプトでは、左手の薬指には心臓につながる血が流れていると考えられていました。そのため結婚指輪は、左手の薬指につけるものとされています。また、婚約指輪を右手の薬指につける人も多いです。

どちらの手にしても薬指に指輪をしていると、彼氏がいるという無言のアピールになるので、厄介な男性に言い寄られる機会から逃れられるというメリットもあります。
スピリチュアルな意味あいとしては、右手の薬指は、心に安定を与え、芸術的な感性が高まるとされています。左手の薬指に指輪をつけると、愛と絆を深めるとされています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • どの指につける?ペアリングの位置で変わる【指輪の意味】
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。