大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお...
2021年12月20日更新

束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお悩み解決】

ひとみしょうのお悩み解決

“【お便り募集】文筆家ひとみしょう お悩み解決” に送っていただいたお便りの中から、お悩みをひとつピックアップしてひとみしょうさんがお答えします。

「ははさん27歳女性」のお悩み

束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお悩み解決】

はじめまして!!

いつも拝見させて頂いてます。男性目線からの彼の気持ち、今後の事を考えてるのか聞きたくて投稿しました。

不倫でお付き合いしている10個上の彼がいます。6年になります。

そうなったのには色々理由がありますが、私が離れきれなくて、約束事が増えました。

束縛が激しく、仕事と買い物、家の行ききで、毎日何十枚も写真を撮って送ってます。

こちらは証明しても、彼は俺の事は言葉で信じれです。

奥さんとは仕方ない結婚とか、体の関係は一切ないとか、毎日一緒にいないとか、

けど周りからの情報だったり、自分の目で見たりで嘘もわかります。

いつも信じてるふりをして、人と関わったら報告しないといけないので結局1人で悪い方に考えては精神的に落ちてしまう毎日です。

仕方ない結婚だから、好きとかじゃないけど、相手の家族に恩があるから、相手から言われない限り離婚はできない。

お前は早く俺に冷めてくれたらいいのに。

いろんな事を言われすぎて、私は彼にとって必要とか好きとかの存在じゃないから、結局奥さんが大事なんだと思ってしまいます。

毎日電話もするし、連絡もとるし、週に1、2回は必ず会って、毎回泊まりで翌日昼か夕方帰る、と不倫にしてはとてもいいのは客観的に見たらわかるのですが、外には出れない。私がやってる事と、彼との対価が合わないと思ってしまって。

彼は男性の意見で、何を考えてどう思っているのでしょうか?

奥さんが大事で私は遊びの存在なのでしょうか?

〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜

はじめまして!

彼がなぜ束縛が激しいのかといえば、自分に絶望しているからです。彼は自分の人生に絶望しているのです。別の言い方をするなら、彼はつねに「なんか寂しい」と思っているのです。だから、四六時中誰かにそばにいてほしくて、でもそれは物理的に無理だから、約束事が増えたり、写メを要求したり、人によってはスマホのGPS機能を使って相手を監視するのです。

それもこれもすべて、彼が「なんか寂しい」と思っているからです。

彼は奥さんと不倫相手、つまりははさんという2人の女性がいるにもかかわらず、なぜなんか寂しいのでしょうか。

彼の本心とは

束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお悩み解決】

答えは「大事な問題を隠しているから」です。

ここで言う大事な問題とは、他にも不倫相手がいるとか、隠し子がいるといったことではありません。人生における、というか、彼の人生が彼に問うてくる問題を隠しているのです。

たとえば、自分はなぜ生まれてきたのだろう?という難問。

たとえば、両親がそろっていない子は、この問題と子どもの頃から格闘しています。なぜぼくは/わたしは生まれてきたのだろう(生まれてこない方がよかったのではないか)……。

親とそりの合わない子も、似たような問題を抱えています。

そして、(誰しも)その問いに答えを出せないまま大人になります。

大人になると「気持ちいいこと」がたくさんあって、聖なる問い、すなわち「なぜ生まれてきたのだろう」という問題を忘れさせてくれます。

それは多くの人にとって、恋愛でありセックスです。

彼は運よく、そのどちらも満ち足りています。ははさんとエッチし、家に帰れば温かい家庭があり、きっと奥さんともエッチしています。

しかし、彼の心は「なんか寂しい」のです。

なぜなら、「なぜ生まれてきたのか」という問いに答えを出せていないからです。問いが「答えを出せ」と彼に要求してくるから焦っているのです。

寂しさを消したいという焦り

なぜ生まれてきたのか、といった、生と死に直結する問いを、キルケゴール「心理学」は「永遠」と呼んでいます。

わたしたちは誰しも、「永遠」としか呼べない問いを心に抱え、それを隠して暮らしています。なぜなら、永遠にまともに取り組んだら、ふつうの社会生活が送れなくなるからです。だから、永遠を見ないふりをします。永遠を忘れる行為をします。それが、じつは多くの人にとって、恋愛でありセックスです。

したがって、彼はははさんのことも奥さんのことも好きですが、それは自分が寂しいから好きなのです。自分の寂しさを埋めてくれる相手であれば誰でもいいのです。

たまたま、奥さんに出会い、ははさんに出会い、ふたりとも愛してくれたから、感謝の気持ちとともに今一緒にいるのであって、他に誰か彼の寂しさを埋めてくれる人が現れたら、彼はその人のことも好きになるでしょう。

これは彼に限ったことではありません。心に隙間風の吹く「なんか寂しい」と思っている人は全員そうなのです。

解決法 ~自分を愛するということ~

束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお悩み解決】

ただ、そうは言うものの、彼は奥さんもははさんも、どちらも、遊びでなく真剣です。「なんか寂しい」という気持ちを真剣に消したいと思っているから、彼はどちらに対してもきわめて真剣です。だからマメに束縛するのです。

解決法は1つ。ははさんが自分のことを愛せるようになるといい、というものです。

ははさんご自身も、「なんか寂しい」という気持ちを抱いているはずです。そうでないと、この手の恋愛は成立しないからです。

自分のことを愛する方法は、宣伝になって恐縮ですが、拙著『自分を愛する方法』(玄文社)をお読みください。図書館にあると思います。なければ司書にリクエストすればいいです。

少しずつ、ゆっくり、自分のことを愛せる女性になってください。

応援しています。

 

(ひとみしょう/作家・キルケゴール協会会員)

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 束縛の激しい不倫相手・・・彼のホンネとは?【ひとみしょうのお...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。