大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月06日更新

モテるはずが逆効果!?失敗しやすい「あざとテク」3つ

モテるはずが逆効果!?失敗しやすい「あざとテク」3つ

どんなにあざとくても、男性にうまくアピールできる女性はモテますよね。しかし、テクニックに頼り過ぎるとわざとらしさが見えてしまい、男性から嫌われることもあります。今回はそんな、失敗しやすい「あざとテク」を3つ紹介していきます。

1. 「私はか弱い女性」アピール

一般的に男性は、か弱い女性を支えたい願望を持っています。そのため男性が「守ってあげたい」と思うようなか弱い女性をアピールするのは、あざとくてもモテるテクニックのひとつです。

「疲れちゃった…」と男性に寄りかかったり、暗い場所では「怖いっ」と身を寄せたりします。ただこのような行動は、たまに見せると可愛げがあるものですが、何回も繰り返されると男性はウンザリしてしまいます。

重い荷物を持とうとして思わずよろめいてしまい、男性が慌てて支えてあげようとしたら、「これくらい大丈夫!」と気丈に答える女性の方が、好印象を与えることが実は多いです。一生懸命頑張って、それでも無理なときにようやく助けを求める女性が男性に好まれるのです。

2. 「私なんてモテないよ〜」アピール

モテ自慢する女性は嫌われますが、その反対もやり過ぎは禁物です。謙遜のつもりでモテない自慢をすると、そのネガティブな雰囲気に男性は嫌気が差してしまうことがあります。

本当にモテない自分を嘆いている場合も男性は困ってしまいますが、男性に「そんなことないよ」「じゃあ俺が狙っちゃおうかな」と思わせるために言っている場合は、その本心が相手に伝わってしまっていることも多いです。

モテない女性だから異性との交際経験が少なく、ライバルもいないからアプローチしやすいと男性が考えることはそう多くありません。下手をすると、「何か問題があるのかも」と本気で思われることもあるため注意しましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。