大人女子のためのWebメディア
検索

一瞬で冷める…男性が「この子はないな」と思う瞬間

一瞬で冷める...男性が「この子はないな」と思う瞬間

理想の男性となかなか出会えない…。もしかするとその原因は、男性から拒否される言葉や態度を知らないうちにしているせいなのかも。ここでは、男性が一瞬で「この子はないな」と思うケースについてご紹介します。

いきなりパーソナルな領域に入る

人と初対面でコミュニケーションを取る場合、まずは挨拶から始まって、必要最小限の自己紹介で済ませるのが大人としてのマナーです。しかし、女性の中には気になった男性に対して、いきなりパーソナルな領域に踏み込んでしまう人もいます。

例えば、一人暮らしなのか、どこに住んでいるのか、職業は何をしているのか、休日はどう過ごしているのか等の質問は、初対面時の一線を超えています。そんな言葉や態度で男性と接すれば、大人としての距離感を理解できない非常識な女性と認識されて、積極的に付き合いたいとは思ってもらえないでしょう。

好みの男性を前にして焦る気持ちはわかりますが、男性から拒絶されてしまえば元も子もありません。まずは落ち着いて徐々に距離を詰めていきましょう。

価値観の違いが大きすぎる

会話が噛み合わない、ファッションや趣味についていけない、金銭感覚に無理がある等、付き合ってみるとお互いに価値観の違いを感じることがでてききます。しかし、その違いがあまりにも大きすぎると、男性が嫌気をさして瞬時に離れてしまうことにもなりかねません。

そもそも成長してきた環境が違う他人である以上、全く価値観を一致させるというのは不可能でしょう。そこで自分の価値観を主張する気持ちを抑え、相手の男性に合わせてみるのも、付き合いを深めていく上では大切なポイントです。そして男性の方も、あなたの価値観との違いを縮めるように努力するようになれば、一層親密な関係へと発展するでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。