大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月09日更新

「もう会わないかな…」男性がデートで相性が悪いと感じる瞬間

「もう会わないかな...」男性がデートで相性の悪さを感じる瞬間

せっかくデートまでこぎつけても、相手の男性に「相性が悪い」と思われてしまっては次のデートはないかもしれません。ここでは、男性が「相性が悪い」と感じる瞬間を3つご紹介しますので、デートが控えている人はぜひ参考にしてください。

映画の好みに注意

デートで映画を見る予定ならば、相手の好みのこともきちんと考える必要があります。男性はあなたのことを考えて、好きな映画を選んでも良いと言う場合もあるでしょう。それを真に受けて相手が苦手とするジャンルのものを選んでしまうと、「相性が悪い」と思われてしまう可能性があります。

事前に好きなジャンルを聞いて、その好みに近いものを選んだ方がデートが成功する確率はアップします。もし相手の好きなジャンルを優先して映画を選んでも、上映中に退屈するそぶりは決して見せてはいけません。

男性は自分の好きなものを拒絶されたと感じて、より「相性が悪い」と思うでしょう。

食事はマナーに気を付ける

レストランなどの飲食店でデートをする場合、食事のマナーがきちんとできていないと「相性が悪い」と感じる男性もいますので気をつけましょう。マナーといってもナイフやフォークを使う順番などの本格的なものではなく、とても基本的なものです。

例えば、箸の持ち方がおかしかったり、口の中に食べ物を入れたまま喋るなどすると、男性から嫌われる傾向があります。「相性が悪い」を通り越して「生理的に受け付けない」と感じる男性もいますので、注意が必要です。

また、本当は良くないマナーでもそれが普通のことだと思い込んでいるケースもあります。もし、自分のマナーが心配なら、本やネットで事前に勉強をしてからデートの本番に挑みましょう。

金銭感覚のズレに注意

高価なアイテムをねだったり、高い食事を注文したりすると金銭感覚のズレで「相性が悪い」と思われてしまうかもしれません。

デートをする相手の懐事情がなんとなくわかっているのであれば、金銭感覚がズレていると思われないように配慮しましょう。ただし、過度の遠慮は男性のデートプランを壊してしまう結果に繋がりかねません。

相手が勧めてくるものは遠慮せずに受け止めてもいいでしょう。

相手のことを考えて行動しよう

相手のことを考えて行動すれば、「相性が悪い」と思われる可能性を下げられて、次のデートに繋げることができます。

最初のデートで印象が決まってしまうことも多々ありますので、相性が良いと思われるように頑張りましょう。好きなものや嫌いなものを理解してデートを重ねていけば、いつしか素敵な関係になれるはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。