大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月24日更新

もしかしてやってるかも…?「オバサン」認定されちゃう言動

気付いてない...?周囲から「オバサン」認定されちゃう言動

人間歳をとるのは当たり前ですが、できたら年齢を重ねるごとに美しくなって、“キレイなお姉さん”と思われたいですよね。

でも自分では気づかないうちに、ジワジワおばさん化していることもあるもの。周囲から距離をとられていることにも気づかず、自分だけ若いと勘違いし続けるのは怖いですよね…。そこで今回は、「おばさん認定されがちな言動」をご紹介します。

1. メイクが古い

・「一昔前のメイクは、過去を引きずっているように見えてしまう。『もっとメイク薄いほうが似合うのに…』と思うことはありますね」(28歳/飲食)

 

もう何年もメイクがアップデートされていない人は、いませんか? 大きめのカラコンやボリューミーなまつ毛など、時代にそぐわないメイクは悪目立ちしがち。自分だと客観視できないことも多いからこそ、周囲の意見を聞くことも大事ですね。

2. プライドが高く、絶対に謝らない

・「ミスをすると謝るどころか、人のせいにしはじめる先輩女性。正直プライドが高すぎて、扱いづらいです。しかも結構年上なので、誰も注意できないし。美人だけど、モテない理由がわかります」(24歳/IT)

 

若い頃はすぐに謝れても、年齢を重ねるとプライドが出てきがち。そのため、どこか「謝ったら負け」と思ってしまうようです。でもその頑固さが、融通の利かないおばさんに見られてしまいます。自分が悪いと思ったら素直に謝ったほうが、人間関係も円滑に進みますよね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367