大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月15日更新

彼といないと不安…共依存カップルの特徴と克服法

息苦しさを感じたら…共依存カップルの特徴と3つの克服方法

2人の関係が息苦しいと感じたときに注意したいのが、「共依存カップル」になっていないかです。恋愛に対して幸福感よりも不安感を覚えやすい共依存カップルの特徴と、その克服方法について紹介します。

共依存とは

自己否定の感情や不安感などが原因で、人間関係や行動に影響がでてしまうことを共依存といいます。共依存はカップルだけではなく、親子や夫婦などでも起こることがありますが、自身を見つめなおすことでその関係を克服しやすくなります。

共依存カップルは、恋愛依存症もしくは、回避依存症がベースになることがほとんどです。そして共依存カップルの恋愛では、幸福感よりも不安感のほうを感じやすいのも特徴です。

幼少期の環境や、健全なロールモデルがいなかったことなどが原因で共依存になることがありますが、共依存カップルの関係を克服する方法はあります。取り組みやすいことからはじめましょう。

自分の気持ちに耳を傾けて、声にする

共依存になりやすい人は、相手のことを尊重することが得意です。それゆえ、自己主張が苦手なケースも多いです。まずは、自分自身の気持ちに向き合ってみましょう。

カップルであっても、相手からの評価を気にしないという姿勢が時には必要です。本音を知り、それを声にだして表現してみましょう。相手に合わせることが普通になっていませんか。本心では「ノー」と思っている、あなた自身に気づくことも大切です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。