大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月19日更新

【体験談】不倫のやめどき!終わりを感じた瞬間

【体験談】不倫のやめどき!既婚男性と結婚できないと感じた瞬間

関係を終わらせようと思っても、なかなか踏ん切りがつかないのが不倫の恋。しかし、不倫関係に自ら踏ん切りをつけ、新しい恋に進んだ女性は多くいます。そんな女性たちの多くは、「不倫をやめたきっかけは、既婚者の彼とは結婚ができないと悟ったから」と口をそろえて言っていました。

不倫のやめどきにもなる『既婚男性と結婚できないと悟った瞬間』とはどんなタイミングなのでしょうか。

1. 彼が奥さんからの電話に慌てて対応していたとき

「二人の時間を楽しんでいた最中に、奥さんから着信があったんです。彼が奥さんにヘコヘコ電話している姿が悲しくて。この人は奥さんに愛があるなと感じました」(27歳女性・美容関係)

 

自分とのデート中に、奥さんの電話に慌てて出る彼を目の当たりにすると、現実を感じることになります。奥さんだから…とわかってはいるものの、奥さんを失いたくない気持ちを彼から感じてしまうと、虚しさが広がるでしょう。2番手の自分を実感することが、関係を断ち切るきっかけにもなるようです。

2. 本当に大切な日に会えないとき

「クリスマスやお正月、そういった特別な日はいつも会えない。彼は奥さんと子供と幸せに過ごしていることを考えたら、別れようと踏ん切りがつきました」(31歳女性・事務)

 

既婚男性は、クリスマスやお正月、お盆などの長期休暇は家族と一緒に過ごします。時々抜け出して、会えるチャンスを作ることもあるかもしれませんが、なかなか難しいでしょう。

自分は一人なのに、相手は奥さんや子供と楽しくやっているとわかると、「もうこんな関係やめよう」と踏ん切りがつくようで、大切な日を一緒に過ごせる男性を見つけようとするようです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。