大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み...
2022年01月21日更新

無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み解決】

ひとみしょうのお悩み解決

“【お便り募集】文筆家ひとみしょう お悩み解決” に送っていただいたお便りの中から、お悩みをひとつピックアップしてひとみしょうさんがお答えします。

「サラさん46歳女性」のお悩み

無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み解決】

はじめまして。
体の関係をもって9年目の男性がいます。 
10年前、仕事関係で知り合い、私が40代、彼が30代で彼が8歳年下になります。
お互い既婚者で、遠距離です。
仕事関係で月に一度、私のいる町に来る時は、2、3時間ですが必ず会いに来てくれます。
体の関係もほぼ毎回あります。
ですが、一度も好きとか、甘い言葉を言われたことがありません。
仕事の時は饒舌ですが、私といる時は無口で、家庭のことなども一切話しません。
私も言わないようにしています。
なのでずっと不安に思う気持ちを抱えています。
お互い離婚して一緒になるつもりはないので、重くならないように常に彼の前では笑顔で癒しの存在でいようと心がけているのですが、彼ももう少し愛情表現をしてくれてもいいのにと思います。

 

今回のコロナで、彼が在宅ワークになってから1年以上連絡がありませんでした。
私もしませんでした。
コロナ前から仕事で来る時しか連絡は来ませんでしたし、とても事務的な短いやりとりだけです。
今月、緊急事態宣言が解除され、ようやく在宅ワークではなくなったそうで久しぶりに連絡があり、来てくれましたがその時も、会いたかったとかはなく、今まで通り何事もなかったかのような変わらないいつもの彼でした。

 

9年間、私のところに来て、抱いてくれると言うことは、居心地が良いというか、都合が良いからなのでしょうけど、実際のところ、彼は私を愛しているのでしょうか?
それとももっと複雑なのでしょうか?
私も連絡をしなかったので、彼も同じようなことを思っていたのでしょうか?
このような関係なので私も、自分の感情を抑えて連絡しなかったのですが、もっと自分の気持ちを素直に伝えても大丈夫なのでしょうか?
お互いメールのやり取りもほぼ無しで、会ってもそんなにたくさんは語らない中で、どうやって愛を育んだら良いかもわからず不安な時もあります。
そもそも、愛されてるのかってところです。

 

彼は性格的にドライでクール、恋愛の熱量がもともと低く、自分の興味のあることを優先するタイプなので、今後も好きとか愛してるとかは絶対に言わないと思います。
なので、彼の愛情表現を引き出す技、愛情のサインの見つけ方も教えて下さい。
また、私自身が不安に思ってしまう時のメンタルの対処法も教えていただきたいです。
いくつも質問してしまってすみませんがよろしくお願いします。

〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜

男女問わず無口で愛情表現が下手な人は、自分の心の中に抱えている「永遠問題」と折り合いがついていないのだと、キルケゴール<心理学>は言います。

キルケゴール<心理学>における永遠問題とは、生と死に関する問いのことです。それは子どもの頃から高校生くらいまでに、雲のように「もやっとした」問いの形になり、以降ずっと胸に留まり続けます。

無口な人が無口な理由

無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み解決】

たとえば、親子で仲が良くない人が抱きがちな永遠問題は「私はなぜこの親から生まれてきたのだろう」というものです。そこから発展的に「私は死んだ方がマシなのではないか(生きているだけでこんなにつらいのだから)」という問いが生まれます。

当然、答えなど出ません。なぜこの親から生まれてきたのかは、きっと神様に聞かないとわからないでしょう。(人はいずれ死ぬのに)なぜ今死んではいけないのかも、それを専門に考えている哲学者でも「絶賛検討中」なわけであって、答えなど出ません。

だから無口になります。

ちょっとやそっとのことで答えが出ない問題を抱えている人はみな、ふだんは無口です。答えが出ない「出なさ」が、彼/彼女を静かにさせるのです。また、答えが出ない問題を抱えているという事実を、周囲の人に知られたくないのです。

最初の答え

サラさんやサラさんの彼のようにマジメな人は(相談メールにマジメとは書いていませんが、わかります)、相手の「永遠問題」が発するかおりや温度感、湿度感を好きになります。「彼はイケメンだから抱かれたい」とか、そういうところから恋愛に入っていかないんですね。「彼も私と同じで、なにか<影>を持っているな」と思い、その影を好きになるという入り方をします。

つまり、おふたりは似た者どうしなのです。

したがって、「実際のところ、彼は私を愛しているのでしょうか?」に対する答えはYESです。「私も連絡をしなかったので、彼も同じようなことを思っていたのでしょうか?」も、答えはYESです。「このような関係なので私も、自分の感情を抑えて連絡しなかったのですが、もっと自分の気持ちを素直に伝えても大丈夫なのでしょうか?」これもYESです。

 

無口なふたりのカップルは、女性から気持ちを伝える以外に関係の維持・発展が困難だからです。それは「彼の愛情表現を引き出す技、愛情のサインの見つけ」る方法でもあります。

ふたりとも自分の永遠問題とマジメに格闘しているのだから、それをちょっと脇に置いて、たまには恋人らしいことをしようよと言えるのは女性なのです。

不安に思ってしまう時のメンタルの対処法

無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み解決】

不安という気持ちは永遠問題を隠すところから生まれると、キルケゴール<心理学>は言います。

私たちは永遠問題を隠そうとします。なぜなら、それに関わっていたのではまともに生きていけないと、誰もが知っているからです。うまくお金儲けをし、うまく出世し、うまく世間を渡り歩かないと食っていけないことくらい、誰もが知っているでしょう。

永遠問題にかかずらうと、その反対のことばかり起こります。「お金?べつになければないでいいよ。出世?したくない。どこか田舎に移住してのんびり暮らし、永遠問題について考えたいんだ」これが永遠問題にまともにかかわる人の考えです。

 

だから、私たちは永遠問題が芽生えた時――たとえば15歳の時――芽生えたばかりの永遠問題に蓋をしました。蓋をして、友だちと同じように塾に通い、勉強し、どうにか人並み(かそれ以上の)学校に入れるように努力しました。「明るく」ふるまう「努力」をしました。高校生以降の人生も同じようなことの繰り返しだったでしょう。

その間じゅうずっとあなたにつきまとっていたのが不安です。

つまり、あなたという人間の根本は不安なのです。だから、仕事をしていても、恋をしていても、なんか不安なのです。さらに言えば、なんか寂しいのです。仕事も恋人も住むおうちも貯金もあるのに、つねになんか寂しいとの思いが消えないのです。

 

対処法は1つ。自分が自分に絶望していることを認め、絶望を希望に変える方法を知ることです。言い方を換えると、自分で自分を愛する方法を知ることです。

拙著『自分を愛する方法』にその方法を書きましたが、ここで1つご紹介するなら、サラさんが隠している永遠問題を日の光のもとに引きずり出し、それについて彼と一緒に考えることから始めるといいでしょう。

隠すことから不安や絶望は生まれるからです。

 

(ひとみしょう/作家・キルケゴール協会会員)

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 無口な彼は私を愛しているのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み...