大人女子のためのWebメディア
検索
2022年01月25日更新

秒でフラれる…!?告白に使ってはいけないNGワード

秒でフラれる!?告白に使ってはいけないNGワード4つ

気になる彼に告白をしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。ある言葉を告白のときに使うとフラれる可能性が上がってしまいます。ここでは、告白の時に使ってはいけないNGワードを紹介します。

顔は好みじゃないけど…

親しい友人の期間が長かった男性の場合、照れ隠しもあって「あなたの顔は好みじゃないけど、性格は好きだから付き合わない?」と言ってしまう人もいます。しかし、相手の容姿を否定する言葉は告白の場面ではNG。

この告白では、本気度が伝わりませんし馬鹿にされているような印象を受けるので、OKする男性は少ないでしょう。

相手の一部を否定しつつ告白をするのは、自信のなさの裏返しです。告白をする時は、ストレートに「好きだから付き合ってほしい」と伝えた方が成功率は上がるでしょう。

付き合ってあげる

次に言ってはいけないのが「あなたと付き合ってあげる」という上から目線の告白です。

これも相手を否定する発言同様、告白する女性が自分に自信を持てないことの裏返しです。自分に自信がない人ほど、相手に対してマウントを取ろうとします。

告白の段階から上から目線の女性の場合、付き合う以前に男性から拒絶されてしまいます。告白は「付き合いたい」とあなたがどうしたいのかをハッキリと伝えればよいだけです。自分がどうしたいのかを伝えられる女性のほうが、主体性があって好かれる可能性も上がりますよ。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ