大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • コロナをきっかけに友達を失いました【ひかりのお悩み相談室】
2022年02月02日更新

コロナをきっかけに友達を失いました【ひかりのお悩み相談室】

ひかりのお悩み相談室

「ひかりのお悩み相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

新型コロナウィルスをきっかけに、人間関係が変化している人は少なくありません。場合によっては、大切な人と合わなくなってしまうこともあるでしょう。今回は、友達と疎遠になってしまった人からのお悩み相談です。

Yさん(32歳)

コロナをきっかけに友達を失いました

コロナ禍になってから、自分でも色々な情報を調べるようになったのですが、だんだん親友と意見が合わなくなってしまいました。

私はただただ親友のことが心配だったので、情報を教えようとしただけなのですが、親友はコロナの話題になるとあからさまに話題をそらすし、最近は会ってくれなくなりました。

とてもショックですし、寂しいです。どうしたらいいのでしょうか?

Yさんへの回答

コロナをきっかけに友達を失いました3

コロナをきっかけに人間関係が壊れたという人は意外といます。コロナ騒動になって3年目の今は、特にYさんのように「自分でさまざま情報を調べ、考える人(能動的な人)」と「ただただ流れてくる情報を信じる人(受動的な人)」とで、分かれてきているように感じます。

現段時点では、自分と意見が違うのだとしても、相手が選ぶものを尊重するしかないところはあります。もし、頭ごなしに「あなたは間違っている」「あなたは分かっていない」なんてことを言ってしまったら、喧嘩になってしまうだけ。

人は「自分が信じているもの」を否定されると、ひどく動揺するし、頭にきてしまうもの。だから、良かれと思って情報を伝えても、聞き入れてくれないことはあるでしょう。

 

今回のケースでいうと、コロナに対する考え方の違いがきっかけではありますが、「お互いの考えが違ったときに、きちんと対話ができないこと」が一番の原因だと言えるのかもしれません。

たとえYさんの言うことが正しくても、「自分のほうが正しくて、相手は自分の意見に従わなくてはいけない」と考えてしまうと、やはり関係は悪くなります。

最終的には、「自分が選択したことの責任は、自分でとるしかない」ので、相手に“選択させる自由”を与えることは、大事なこと。それは親友であっても、家族、パートナーでも、です。

どんなに親しい相手であっても、「“そういう考え”を持っているんだ」ということも含め、受け止め、折り合いをつけながら付き合っていかなければ、一緒にいられなくなることは多いでしょう。

もちろん初めから対話を諦めるのではなく、自分の意見は伝えたほうがいいのですが、その上で相手が聞く耳をもたないのであれば、仕方のないことなのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネの“子供おばさん”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • コロナをきっかけに友達を失いました【ひかりのお悩み相談室】