大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月03日更新

《脈なしチェック診断》勘違いしやすい男性の行動

脈アリ…じゃない!?勘違いしやすい《脈なしチェック診断》

男性の言動から脈アリかなと感じても、実は脈なしだったということは珍しくはありません。それだけ男性の態度には、勘違いしやすいことがあるのです。

今回は脈アリだと勘違いしやすい男性の言動を紹介していきます。今の彼の気持ちをしっかりとチェックしておきましょう。

1. 会話が多くても、彼は自分のことばかり話している

特定の男性からよく話しかけられたり、会話が続いたりする機会が多ければ、脈アリを感じることもありますよね。それが気になる男性であれば、その思いはより強くなるでしょう。しかし、どんなに会話する機会が多くても、その内容に注目しなくてはいけません。

 

脈アリの場合、相手はあなたに興味があるため質問が多くなります。こちらの趣味や近況を聞いてきて、彼は聞き役になることが多いでしょう。

反対に脈なしの場合は、彼が自分の話をすることが多くなります。男性が自分の話ばかりしてきている場合は、ただ単に武勇伝を話したいだけの場合もあるため注意しなくてはいけません。話を聞いてくれるから、気持ちよく話せる相手だから好きになるとは限らないのです。

2. 連絡が多くても、LINEはいつも彼が終了させている

気になる彼からLINEが送られてくることが多ければ、脈アリを期待してしまいますよね。基本的に男性は、何とも思っていない女性にLINEを多く送ることはないからです。

 

ただし、LINEのやりとりを終わらせるのがいつも彼の場合には注意しなくてはいけません。脈アリの女性には、男性はいつまでもLINEやりとりをしていたい気持ちが強くなります。そのため自分からLINEを終わりにすることはありません。

特に「またね」「もう寝るわ〜」などの言葉もなく、突然やりとりが終わる場合は、彼の時間が空いていたり、ヒマだったからLINEをしていたという可能性が高くなります。その場合、こちらからLINEを送ったときの返信の早さで脈アリ・なしを判断しましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。