大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男運がない?男を見る目を養うには?【ひとみしょうの男ってじつ...
2022年03月04日更新

男運がない?男を見る目を養うには?【ひとみしょうの男ってじつは】

あまり世間では言われていないことですが、男を見る目を養おうと思えば、人を見る目を養えばよく、それはつまり「自分を見る目」を養うことを意味します。
今回はそのことについてお話したいと思います。

男に騙されがちな人とは・・・

男に騙されがちな人とは、たとえば、「なんか寂しいから彼氏がほしい」と思っている人です。いつもきれいな格好をしており、隙のないメイクをしているあの「完璧な」女子が男に騙された?というのは、その女性の外見ではなく、内面に、そこはかとなく「なんか寂しい」という気持ちがはびこっているからです。

私たちはふつう、「なんか寂しい」という気持ちを隠そうとします。「あの子、寂しそうな子」と思われるのが恥ずかしいから、だから隠そうとします。だから「外見に隙のないあの子が男に騙されたってウソでしょ?」と、こうなります。彼女の心は、じつは寒風が吹き荒れるほどすさんでいるのです。そして彼女は、それを隠すだけの「技」を持っていたのです。

「なんか寂しい」人の特徴

つねに「なんか寂しい」という気持ちを抱いている人の特徴は、「自分のことを知らない」です。

自分がどうして「なんか寂しい」とつねに感じるのか、その理由がわからないのです。その理由をたとえば「親との関係」に求めたところで、それが具体的になんなのかがわからないのです。あるいはその原因を仕事に求めたところで、では具体的にどうすれば状況が好転し、なんか寂しいとの思いを抱かずに済むのかがわからないのです。ようするに自分がわからないのです。

たいていの人は、漠然とした生きがいのなさや生きづらさを、それ以上言語化できません。せいぜいできて「なんか寂しい」とか「なんか生きている心地がしない」とか「なぜみんな楽しそうに暮らしているのだろう」という思いを抱くくらいです。その「思い」や、その先のことを言葉にできません。

その状態がすなわち、自分で自分のことがわからない状態です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男運がない?男を見る目を養うには?【ひとみしょうの男ってじつ...