大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月06日更新

男性が素っ気ない…好きだから?嫌いだから?

気のせい?彼氏が冷たく感じた時にできる3つの対処法

好きな女性にアプローチするのは、男性として当然の行動ように思えますが、あくまでそれは性格次第です。恋愛に消極的な男性や、自分に自信のない男性は堂々としたアプローチができず、それどころか照れて好きな女性に素っ気なくしてしまうこともあります。一方で、相手の女性に興味がないので素っ気なくしている可能性もあります。ここでは好きで素っ気ない・嫌いで素っ気ないの違いについて解説していきます。

好きで素っ気ない場合

好きで素っ気ない場合、男性は不本意ながら素っ気なくなっているため、常に冷たいわけではありません。本当は女性ともっと親しくしたい、深い仲になりたいと思いつつも、照れくささに負けてしまうのです。

そのため、素っ気ない態度だけでなく、他のことにも注目してみることで、素っ気なくする理由が分かります。次のようなケースの素っ気なさは、本当は好きな気持ちの表れです。

・目を見て話さない 

目を見て話さないことが理由で素っ気ないと思うなら、それは好きで素っ気なくしているだけです。もし嫌いで素っ気なくしているなら、そもそも話そうと思わないですし、話すにしてもキツく接するのが男性心理。

目を見て話すとドキドキしてしまい、上手く話せなくなってしまうため、女性の顔を見ないようにしているのです。内心話したい気持ちはあるので、こういう男性はLINEだと普通に会話します。

・表情がぎこちない 

顔の表情というのは、言い換えれば感情表現であり、気持ちが直接あらわれやすいです。好きな女性と一緒にいる時は当然嬉しい気持ちになるため、自然と笑顔になることも多いです。

しかし、それ以上に照れてしまう気持ちが勝ると、笑顔ではなくなってしまいます。とは言え、嬉しいのは事実なので無表情にはならず、感情が入り乱れることで「ぎこちない表情」になってしまうのです。

嫌いで素っ気ない場合

嫌いで素っ気ない場合、冷たさを感じます。さらに、元々女性のことを嫌っているため、好きな場合とは違ってどんな状況でも常に冷たいと感じることでしょう。

つまり、好きで素っ気ない・嫌いで素っ気ないの明確な違いは、それが常かどうかにあります。次のケースの素っ気なさは常に素っ気ない態度と言えるので、女性が嫌い…もしくは興味がないという本心がうかがえます。

・LINEを送らない 

好きで素っ気ないのであれば、実際には女性のことが好きなわけですから、LINEを送るのが自然です。一方、嫌いだったり興味なかったりする女性に対しては、LINEを送ろうとしないでしょう。

いくら照れくさくても、文字だけのLINEが送れない男性はあまりいません。そのため、LINEを送ってこない時点で女性に恋愛感情を抱いていないのは明白であり、用事がある時に用件のLINEしか送らない男性にも同様のことがいえます。

・そもそも目を合わせない 

好きで素っ気ない場合にも、「目を見て話さない」という特徴がありますが、嫌いで素っ気ない場合は全然違います。嫌いで素っ気ない場合はそもそも女性と全く目を合わそうともしません。

女性のことが好きなら、普段は女性を見ていたり目で追っていても、会話する時だけ緊張して目を合わせません。しかし、嫌いな場合は女性に興味もなく、状況関係なく全く目を合わせないのです。

 

素っ気ないという点だけで比較すると、それが好きだからなのか、嫌いだからなのか判断しづらいですね。しかし、場面を限定せず男性の全ての言動に注目することで、本心が分かります。

LINEすら送らないようであれば、コミュニケーションを必要と考えていないため、素っ気ないのは女性のことが嫌い、もしくは興味がないという本心が分かるでしょう。好き避け、嫌い避けの場合にも同様が言えます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。