大人女子のためのWebメディア
検索

間違えないで!彼が運命の相手じゃない時のサイン

間違えないで!運命の相手がニセモノだった時のサイン

運命的としか思えない彼との出会いなのに、なぜかうまくいかないことばかり…。こんなに大好きなのに「どうしてだろう?」と悩んでいませんか。

それはもしかすると、本当の運命の相手ではない可能性がありますよ。運命の恋ではない時には、どんなサインが見られるのかわかりやすくご紹介していくので、あなたと彼を照らし合わせてみて下さいね。

あなたを思い通りにしようとする

例えば、彼があなたの交友関係にまで口を出してきて、男友達とは一切付き合わないように言われたりすることがあるならば、彼は運命の恋の相手とは言えないでしょう。
本物の運命の相手であれば、あなたに男友達がいようが、そんなことは関係なく接することが出来るからです。

たとえ彼の不安な気持ちからそのようなことを言っているのだとしても、あなたを自分の思い通りに行動させようとする男性は、一緒にいても幸せになれないでしょう。

将来について、途中で方向転換する

「ゆくゆくは結婚しようね」などと、付き合い始めのころに甘く囁いていた彼。幾度となく将来について話をしたにもかかわらず、付き合いが長くなるにつれて「やっぱり将来について決めるのは、まだやめておこう」とか「好きだけど、価値観が違う」という理由で、うやむやにされた経験はありませんか?
もしそんなことがあれば、それは彼が運命の恋の相手ではないというサインです。自分勝手であなたの気持ちを考えずに、振り回すだけの相手と言えるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter