大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月12日更新

《相談相手→恋人》王道パターンを狙うリスクとは

王道パターンの欠点!《相談相手→恋人》の進展を狙うリスクとは

好きな男性と進展する方法はいくつかありますが、中でも王道のパターンが、相談相手から恋愛関係に進展するパターンです。『悩みを相談する→アドバイスしてもらう→解決する→お礼の食事の誘い→恋に進展』というのは、よくある展開ですよね。

ただし、この王道パターンにはリスクもあるので注意が必要です。相談相手から恋愛関係に進展させることを狙う場合は、事前にリスクを把握しておましょう。

相談しても進展できない可能性がある

相談相手から彼女への進展を狙う場合、まずは何かを相談しなければなりませんよね。男性が相談してくるパターンもありますが、それは相手次第のため、意図的に狙うことはできません。

しかし、こちらから相談をしても友人以上には進展できなかったり、最悪のケースでは嫌われてしまう可能性もあることを知っておきましょう。

1. アドバイスを実行しなければ進展しない

「会社の先輩にしつこく誘われてる」と相談した場合、相手の男性は何かアドバイスをするでしょう。しかし、そのアドバイスは意外な内容かもしれません。例えば、「一度くらい遊びに行ったら?」だった場合、あなた自身にそのつもりがなく、アドバイスを拒否すれば「じゃあ俺に相談する意味ないじゃん」となってしまいます。

つまり相談相手から恋人へ進展するには、相手の言うことを信頼していることを示すためにも、相手からのアドバイスを実行しなければ、関係は進展しにくいのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。