大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月12日更新

《相談相手→恋人》王道パターンを狙うリスクとは

4. 嘘の相談だと後々苦労する

王道パターンの欠点!《相談相手→恋人》の進展を狙うリスクとは

相談相手から恋人への進展を狙う場合、相談する内容はそれなりに真剣な内容である必要がありますが、場合によっては、嘘の相談をすることもあるかもしれません。

しかし、その場合はたとえ男性と付き合うことになっても、嘘をつき続ける必要があるため、苦労することになるでしょう。仮に架空の人物をでっち上げて相談した場合、その架空の人物が実在しているように振る舞い続けなければいけないというリスクは、忘れてはいけません。

5. 相談が時間のムダになることも…

人の価値観は様々なので、好きな男性が相談してきた女性を好きになるとは限りません。「よき相談相手」という関係が確立しても、それ以上の進展が見込めないこともあります。

このタイプの男性は、女性に相談をされたからと言って、相手の女性に特別な感情を抱くことはありません。そのため、あれこれ相談をしても時間の無駄になってしまいます。

 

相談相手から恋人の進展を狙うには、いくつかリスクがあります。相談相手から関係を進展させるには、男性のアドバイスが役立ってこそ起こりえるので、アドバイスが実行できなければ関係を進展させるのは難しいでしょう。

男性の中には相談自体を嫌う人もいますし、信頼されていることを逆手にとって、よからぬ考えを持つ男性もいます。相談相手から恋人への進展を狙うのは、リスクある駆け引きでもあることを覚えておきましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。