大人女子のためのWebメディア
検索

空気読んで!男性がLINEを終わらせたいときのサイン

見逃し厳禁!男性がLINEを終わらせたいときのメッセージ

LINEを終わらせたいとき、はっきり伝えるのはなんだか気が引けるものですよね。それとなくLINEを終わらせたいサインを出す人が多いでしょう。ここでは、男性がLINEを終わらせたいときのメッセージを紹介していきます。「空気読んで!」と彼に思われないように、しっかりチェックしておきましょう。

1. 「眠い」「寝る」など就寝を匂わせる

LINEが途切れる理由として角が立たないのは、寝落ちです。「ごめん、いつのまにか寝ちゃってた」などとLINE相手から謝られたことがきっとあるはずです。眠くなるのは人間の生理現象なので、眠ってしまってLINEが途切れたなら「それは仕方ないな」と感じられますよね。つまり、相手を不快にさせず、自然にLINEを終了できる理由として、「眠い」は最適だと言えます。

「眠い」「寝る」など、就寝したい雰囲気を男性のメッセージから感じたら、そろそろLINEを終わらせたいんだなと察しましょう。「私も眠くなってきた!じゃあおやすみ〜」など締めくくると、「わかってくれる子だ」と好印象を与えられるでしょう。「えー、もっと話そうよ」などと食い下がることのないようにしてくださいね。

2. メッセージが短文

LINEのやりとりをしていて、だんだん男性からのメッセージが短くなってきたら、これもLINEを終わりたい合図の可能性があります。もっと話したいことがあるなら、ある程度メッセージは長めになるはずだからです。短文での返信は、この場で話したいことはもうあまりないということです。

ただ、とりあえず今のLINEのやりとりを終わらせたいだけで、また後日やりとりするチャンスはあるので悲観的にならないようにしましょう。逆にやりとりをつなげようとダラダラ長引かせると、アプローチとしては逆効果です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter