大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月22日更新

彼にやってない?《ほどよい束縛》と《NG束縛》違いとは

彼を苦しめてない?《ほどよい束縛・NG束縛》の違いとは

女性からの「ほどよい束縛」は、男性にとって可愛いと感じることもあります。しかし「重い束縛」は、多くの男性に嫌がられます。束縛で重い女と思われないためにも、どのような点に注意したらいいのでしょうか?

連絡の強制

好きな人と頻繁に連絡を取りたくて、LINEの返信は毎回してほしい、朝起きたときや仕事終わりにも必ず連絡がほしいと、彼氏に言ったことはありませんか?付き合っているのだから、頻繁に連絡を取るのは当たり前と思っている女性は少なくないかもしれません。

しかし、男性は連絡する時は必要事項のみで十分と考えている人も多くいます。頻繁に連絡を取りたいと思っても、頻繁に連絡することを強制するのは、男性が束縛されていると感じてしまいます。

彼氏に「時々はあなたからも連絡して欲しい」と言うくらいなら、彼氏にもかわいいと思われますが、相手の負担にならないように連絡の頻度を工夫することが大切でしょう。

行動の制限

彼氏が他の女性と仲良くしていたところを見てやきもちを焼く程度であれば、彼氏もかわいいと感じるくらいの、ほどよい束縛と言えるででしょう。

しかし、彼氏が女性と話したことに対してやきもちをやくだけではなく、「女性がいる飲み会には参加しないで」「女友達と会ったり、連絡したりしないでほしい」というように行動を制限するのは、NGな束縛です。

男性は女性から自分の行動を制限されると、嫌気がさして愛情も冷めてしまうことがあります。また他の女性と会うことを制限されるのは、自分が信頼されていないと感じる原因にもなります。どんなに好きで彼の行動が気になっても、相手のことを信じて行動を制限することは避けましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter