大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月24日更新

ツラい片思い…諦めるべきタイミングと方法

つらい片思い...諦めるべき判断基準と諦め方とは?

恋が実らないと、辛く悲しいですよね。しかし、いつまでも叶わない恋を続けても一向に幸せにはなれません。ここでは諦めるべき判断基準と、実際に諦める方法を解説していきます。辛く悲しい失恋にはなりますが、叶わぬ恋に終止符を打つために確認していきましょう!

1.諦めるべきかの、判断基準を確認する

まずは、恋を諦めるべきかを判断しましょう。

わかりやすい基準として、

 

・すでに彼女がいる

・LINEなど連絡しても返事がこない

・2人で会う約束をとりつけられない

 

の3つがあります。

すでに彼女がいる場合は、恋が実る可能性は限りなく低いでしょう。彼女とケンカをするなど、別れることをずっと待っているのは辛すぎます。かといって、アプローチをしたからといって振り向いてもらうのはなかなか難しいでしょう。

 

LINEなど連絡をしても返事がこないというのも、優先順位が低い証拠です。他にやりたいことがある、大切にしたい人がいるなどで、返事を後回しにされてしまっています。これでは、恋を実らせるのは難しいですよね。

 

関係を進展させるためには、2人で会ったり食事などに行ってお互いを知る時間が必要です。ですが、2人で出掛ける約束をしてもらえないのは、脈ナシだという証です。

この3つに当てはまる場合は、諦めるほうが辛い気持ちを整理できるでしょう。

2.諦め方は人それぞれ!

諦め方は人それぞれに違いますが、オススメなのが

 

・多くの男性に出会える場所に行き、新たな出会いを見つける

・「諦めることにする」と友人に話す

 

の2つです。

新たな出会いを見つけるには、行動力が必要です。失恋の傷は新たな出会いで癒せますので、出会いの場に積極的に足を運んでみましょう。完全に彼のことを諦めきれていない状態でも、素敵な出会いがあれば、段々と彼のことを思い出さなくなるでしょう。

 

「諦めた」と自分で言い、自分の耳で聞き、友人にも「諦めたんだね」と認められることで、踏ん切りがつく場合があります。自分の気持ちの中で諦めようと思っても諦めきれない方は、この方法が良いでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

船のコックさんという異色の経歴を持ち、現在は2児の子育てに奔走中のシングルマザー。多くの恋愛相談を受けてきたと同時に、時に自分自身も泥沼恋愛に陥ったことも…。たくさんのインタビューと濃厚な人生経験を元に独自の恋愛論を切り出すコラムには定評があり、現在連載を多数