大人女子のためのWebメディア
検索
2022年03月31日更新

「カレは違うかな…」男性からの誘いを上手に断る方法

「違うかな…」合わないと感じた男性への《上手な断り方》3つ

どんなに魅力的な男性が相手でも、それと相性の良し悪しは別問題。いい人なのに、なんか合わない、そもそも異性として意識できない、そんなことを感じてしまったとき、女性はどうやって彼からの誘いを断ればよいのでしょうか?

1. ひたすら都合が悪いフリをする

デートに誘われたとき、相手から日時を提案されたら、「その日はちょっと予定があって…」、「また今度誘ってください」と、ひたすら都合が悪いフリをするのも一つの方法です。「あなたに対してその気がないんです」と言えないので、何となく空気感で察してもらう作戦です。

本当に彼のことが好きなのであれば、代わりの日をこちらから提案するはず。それをしない時点で、脈ナシであることは確定だと、勘のいい男性なら気づいてくれるでしょう。

2. 好きな男性がいると伝える

相手からの誘いをただ断ってしまうと、男性は「俺に魅力がないのかな」なんて落ち込んでしまいます。できるだけ傷つけたくないのであれば、「実は、他に好きな男性がいて…」と伝えるのがいいでしょう。

男性がショックを受けることには代わりがないのですが、既に他に好きな人がいる場合には、仕方がないと諦めてくれる可能性がたかいです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ